イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

奨学金の落とし穴・・・

毎日毎日PCをつけて、ネット接続をすると必ずチェックする
Yahoo!ファイナンスの「英ポンド」のページ。

今は1ポンド211円だそうです。
んー。
このまえよりちょっと上がったな~(-3-)
やっぱり200円を切ることはないのかしら・・・
数年前はそうだったのになぁ。


と、まさに一喜一憂
なぜこんなにも円の強さにこだわるかというと・・・


もらっている奨学金が円建てで支払われるからです。

ポンド高・円安になる
=1ポンド買うのに円がたくさん必要になる
=ポンドでもらえる額が少なくなる
=生活が・・・(;△;)

とね。
如実に自分のフトコロ具合にはねかえります。
結構シビアです。

私がもらっている奨学金では、
生活費と学費の支給は3~4ヶ月分がまとめて
支払われますから、その額、一度に100万円以上。
内訳は、おおまかなところで学費70万・生活費30万というところ。

しかも、基本的に奨学金は後払いなので
まず私が立て替えて大学や寮にお金を払っておき、
数ヶ月後に日本円でいっぺんに補填される形です。
つまり、3~4ヶ月で100万の出費。

100万円分を海外送金するには
手数料もかかるし、為替レートのちょっとの違いが
ものすごい差となって反映されるわけです。


だから本当に、為替に一喜一憂。
まるで乙女心のように揺れ動き、予想のつかないレートに
振り回されっぱなしです。もうキミとはつきあっていけないよ・・・


とまあ、100万というのはすごく大金なので
蘭華にとっては大問題ですが、
それでもここまでだったら
民間の奨学金団体にもそういうところは多いし、
別段特筆すべきことでもないのです。実は。


問題はここからなのです

生活費は、奨学金応募時に既に日本円でもらえる額が明記されていました。
しかし学費については特に明記がなく(国や派遣先大学や課程によって異なるので当然ですが)
実質的に、為替レート事情を鑑み、実費で払われるものだと思っていました。

甘かったです
こちらに来て最初の学費を支払い、領収書を日本の大学に送って
実費で振り込んでもらえるだろうと思っていたところ、なんと事務から

「文科省が設定した為替レートというのがあって、それで計算しないといけないんですが
それが現在のレートよりも1ポンド20円低いんです。

今年度は、事前に蘭華さんにお知らせしていなかったので
学内措置で実費分をカバーしますが
来年度からは、文科省のレートと実際のレート間で生じた差額は
自己負担
してもらうことになります。」

という連絡が。


え・・・
え??


ちょ、ちょっと待って、仮に円安が続いて
1ポンド当たり20円低いレートでしか支払ってもらえないとすると、
学費は年間8750ポンドだから、
20円×8750=年間17万5000円が自腹ということに!!(@д@|||)


ぎゃあ~!(T□T)

17万5000円。
それほどたいした額じゃないように思えますが
考えてください、蘭華は今、つねに100万円を前払いしている状態なんです。
つまり、貯金のうち100万は自由になりません。
そして、現状では生活のために残りの貯金を食いつぶしている状態なのです。

なぜなら、もらっている生活費の大半が寮費の支払いに消え
月8万・・・ぶっちゃけ田舎なのに高すぎ、足元見すぎ)、
十分な食料を買って、専門書の2冊でも買うと、もう足が出てしまうから・・・

もらうお金だけでやっていこうと思ったら
学会やセミナーに行けません。
しかし、博士課程の学生として、それは到底ありえない選択です。


この、「学費のレート差額分は自腹」宣告がなければ
3年間、貯金を食いつぶしてもやっていける算段はついていました。

でも、渡英してから2ヶ月経っての突然の通達。
こちらでは稼ぎのいいバイトもできません。
年間17万5000円て、たいした額じゃないように思えますが、
3年間で60万弱の出費ですから・・・
正直、貯金を食いつぶすだけではやっていけないかも・・・。


・・・そんなわけで、今日も為替レートに一喜一憂している蘭華なのです。


この奨学金に受かったことは本当に幸運だったし
選んでくれた日本の大学側や、資金元の文科省にはとても感謝しています。
いくら自腹分があっても、大半は払ってもらえるんだし
強く文句を言える立場でもありません。
でもこの為替レート問題については、もっと早く知らせてもらえたらよかったのに・・・
と今でも恨めしい気持ちになるのです。

自分が徹底的に確認しなかったことは最大の落ち度ですが、
奨学金応募要項書類に、レート換算のことは一言も書いてなかったし
派遣前に日本の大学からも何も説明はありませんでした。

応募要項に一言書いてあるべきじゃないの?。
日本の大学側が、合格後説明会の時点で知らせてくれるべきことじゃないの?

もっと早くわかっていたら、
もっと、日本にいたときに準備ができた、
もっといっぱい働いて、貯金を増やして備えることができた


のに~~!!(T田T)



・・・以上、奨学金の裏側事情、というか落とし穴についてのお話でした。

みなさん、奨学金を受けていても、自己資金は相当額が必要です。
英国への同額程度の博士留学なら、250万円程度はあったほうがいいと思います。

最悪の場合、やっぱり円安が続いて自腹分がかなりかさんで
貯金だけではやっていけない、ということになったら
こちらの大学でローンを組むこともできるようだし、
寮を出てもっと格安のところに住むというのも手段ではあるので、
なんとかする措置はあるのですが・・・。
あまり選びたくない選択肢です。

そうは言ってももしかしたら、円安が続かないかもしれないし
こちらで何か研究関連のお仕事ができるかもしれないし
また別の少額奨学金に通るかもしれないし、
今の時点で思いっきり悲観することもナンセンスではありますが。

でもやっぱり最悪の事態を想定してしまうのが人間。
そのための備えがないと不安になるのが性。

あぁ~明日の為替はどうなっているんだろう・・・(>人<)なむなむ



この記事を書くの、すごく自分が恩知らずのように思えて躊躇していたのですが
私にとっては大問題だったし、いろんな奨学金の受給生のページを見ても
「実際どのくらいお金かかるの?自己資金てどのくらい必要なの?」というのが
よくわからないので、きっとこれを読んで「へぇそういうケースもあるのか・・・」と
better preparedになれる人がいるだろうと思って、あえて書きました。
もう一度言いますが、この奨学金には本当に感謝しています。
でもぶっちゃけちゃいました。ごめんなさい。


PageTop

英語教育・応用言語学系のための大学院留学奨学金

今回は、私が文科省のプログラムに受かる前に
応募した奨学金と、役に立ったページを載せておきます。

正直に言って、数は少ないです。
もともと英語教育という分野が
あまり民間で広く対象にされている分野ではないので、
理系や、同じ文系でも経済学の人などに比べて
国内で給与型の留学奨学金を探すのは大変。

しかも、恥ずかしながら、私は全部書類選考の段階で落ちました…。
それでも、これから英語教育や応用言語学の分野で学位取得を目的に留学したいと
思う方の参考になればと思い、書きます!


その前に、まず注意書き:

私はすでに日本で修士号を取得しています。
が、指導教授の強い薦めもあって、当初は
イギリスで一年間の修士課程にいってもう一度みっちり
勉強して、道を見つめなおしたいと思っていました。

そのため、最初は修士課程に留学希望
以下の民間の団体に応募していました。


本庄国際奨学財団 http://www.hisf.or.jp/

吉田育英会 http://www.itofound.or.jp/

伊藤国際教育交流財団 http://www.itofound.or.jp/

College Women's Association of Japan http://www.cwaj.org/Scholarship/scholarship.htm



私が探した中では、人文科学の分野で、修士課程への応募を受けつけているのは
これらの団体くらいだったと思います
(博士留学はもっとあるかもしれないですが、
当時はそれは視野に入れていなかったのでわかりません)。

また、ある特定の都道府県の出身者が対象の奨学金もいろいろあるので、
地方在住の方はお調べになると良いと思います。


上にも書いたように、私はこれらの奨学金には
すべて書類選考の時点で落ちました。

理由は、研究計画書がよくなかったからかもしれないし、
既に修士号を持っているからだったかもしれないし、
分野として団体の求めるところではなかったからかもしれないです。
本当のところはわかりません。


あとは、応募時期および希望留学国が合えば応募しておきたかったのは
ロータリーフルブライトです。

ロータリーでは、私の先輩が博士1年のときにイギリスの修士課程に
応募して受かって行っているので、
「修士号を既に持っているから、修士号再取得の留学ではだめ」
などと敬遠されることはない
といえます。
ただし!応募時期がめちゃめちゃ早いので、計画的でないといけません!!
2007年1月に応募し、幾度もの選考試験を経て、受かって留学に行けるのは
2008年夏です。一年半の余裕を持って応募できる人でないとまず無理なのです。
(私は無理でした…)

フルブライトは、確かフルにカバーしてくれる奨学金だけでなく、
部分的(または短期的)カバーの奨学金も用意されているはずなので
アメリカ志望の方はぜひ挑戦されることをお勧めします。


また、国内からの援助だけではなく、
留学希望先の大学からの奨学金も視野に入れて
出願していくと、ぐっと選択肢が広がると思います。
大学院留学の場合、アメリカではTAに採用されれば
授業料免除になるとか、TA代だけで生活費プラスお釣りが来るくらい
お金がもらえるところもあるので、そのあたりも狙い目です。

それから、自分の将来の収入や職種(見込み)と相談して、
給与型でなく、一時的に奨学金を貸与という形で受けておいて
あとで返していくという選択肢もあります。
ただし、高額を長期間借りることはまず無理なので、
期間が短い修士課程に応募する際のオプションかと思います。


下に、私が応募する奨学金を探すのに大いに役立ったページを載せておきます。

頑張ってください!!


日本学生支援機構
さまざまな奨学金の種類 http://www.jasso.go.jp/study_a/scholarships_sfisia.html
貸与奨学金 http://www.jasso.go.jp/shougakukin/index.html

PageTop

文科省長期海外留学支援

先日、私が現在受給している奨学金について問い合わせを
いくつかいただいたので、ここで書いておきます。

私が獲得したのは、文部科学省による
大学国際化推進プログラム(長期海外留学支援)」
という取り組みによる奨学金です。


他の奨学金と大きく異なるのは、個人で応募するのではないということです。
正確に言うと、応募書類は個人でしっかり集めて書かないといけないのですが
それを大学が取りまとめて申請するのです。

なぜかというと、このプログラムでは、各大学が学内選考を行って
「うちではこういう留学支援をこれこれの学生(たち)に行いたい。
つきましては、予算をください」と申請し、
再度文科省による学生の選考を経て
大学に予算が与えられるシステムになっているからです。

合格すると、博士課程3年間(修士では2年間)の
奨学金(=生活費)、学費、往復航空券代
もらえます。とても親切です。

ただし、留学希望先への出願は自力です。これは他の奨学金と同じですね。

このプログラムは今年で始まって4年目のようです。
詳細はこちら:

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/cyouki.htm


募集時期は、大学内の締め切りが毎年今頃で、
すぐに学内選考→合格者のみ文科省に書類が送られる
→書類選考に受かったら面接の案内がくる
→2月下旬あたりに面接実施
→3月中旬に合格発表

という流れになっています。

提出書類などは上のURLで見られるので、今後受けたい方々のために、
去年私が受けた面接について書いておこうと思います。
私が探した限り、面接の内容について書いてあるページは一つしかなかったので
少しでも参考になれば幸いです。

去年の1月上旬に大学に書類を提出し、学内選考後、
2月16日付で文科省から書類審査合格通知が来て
2月27日に面接試験@文科省ビル in 丸の内
を受けました。


全員日本人で5人の面接官でした(そのうち質問してきたのは2人)。
全部日本語でした。


1.このプログラムに応募した動機と留学先での研究計画を話してください

2.留学希望先の指導教員とすでにコンタクトはとっているのか

3.私はこの分野は良く知らないけどXXX学会(=私が研究発表したところ)というのが有名な学会なのですか

4.こういうテーマは多いんですか

5.あなたが自分の大学に提出した修士論文の28というサンプルは十分なんですか

6.計画書だと評価者が5人と書いてあるけど、その根拠は?依頼できるアテはあるのか

7.日本に一時帰国してサンプルを取るとすると、英国留学によってサンプル取得前の理論的な勉強をするということか



これで12分くらい。
面接日時通知のときに、1人10分程度だと書いてあったので
こんなものかと思いましたが、私の前の人はけっこう延びていました。

大体うまくまとめて答えられたのですが、2に関してだけは、まさに
何も用意してなかったので、「え!?」状態でした・・・
私の分野ではそういうことをあまりしないのと、そもそも資金源がないと
受け入れてもらえないのが英国の高等教育機関なので、
事前にあっても仕方ないのでは、と思っていたため。

で、しどろもどろになりました。でも、修士1年のときに
サマースクールで1ヶ月留学希望先に滞在し、先生とも交流があったので
「いつでもコンタクトとれます!これからです!」って何とか言いました・・・

この質問のおかげで、「落ちたかも・・・」と思い、もんもんとしてましたが
結局受かりました。
分野の文化的なものもあるし、コンタクトはないからといって即マイナスのものでも
ないということなのかもしれません。


ただ、今から考えれば、このプログラムでは
時期的に、「奨学金を出します」と決まって同じくらいか
それより後に海外の大学からの合格通知が来るので、
受け入れてもらえる可能性が少しでも高い学生を
取りたいのが本音でしょう。
と考えると、コンタクトはあったほうが絶対強いと思います。



面接の内容からは、


本当に3年間で博士号が取れるのか
(目的意識はもちろん、スケジュールやスケール的に可能か)



ということを確かめたい、その一点に尽きると思います。
税金使うんだから当たり前といえば当たり前ですね。


この奨学金に受かったことは本当にありがたいです。
でなければ、学費と生活費含めて3年間で1000万円かかる
博士課程留学は到底実現できませんでした。


でも、この奨学金を得て、金銭的にはもう何も問題がないように
思っていましたが、実は意外な落とし穴がありました。
それについてはまた後日。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。