イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本から持っていくと便利な物

蘭華が約9ヶ月暮らしてみた経験から、
日本から持っていくといい物リストを挙げてみます。


爪切り・・・こちらではツメやすりやニッパーのような形状のものを売っています

耳かき・・・綿棒で耳かきをするのがイヤな人はぜひ。

スリッパ・・・こちらでは、室内履きは靴状です。運がよければ日本のスリッパ型にも出会えますが、一足1000円くらいして高いので、西友などで300円程度で買ってしまうのがオススメです。 渡航時の長時間フライトでも活躍するので、機内持ち込み手荷物で持っていくとよいかと。ちなみにないと、冬場は靴を脱いで靴下だけで部屋にいるのは相当辛いです。

印鑑と朱肉・・・「使わないだろうなぁ」と思いながら持っていきましたが、けっこう使いました。奨学金関係の書類や、日本からお仕事を受けるとき、契約書などは郵送なので重宝です。一応安心のために。

変圧器・・・240V(イギリスの電圧)を100V(日本の電圧)に変えるものです。CDプレーヤーや携帯ゲーム機、デジカメの充電など、まずほとんどの留学生が必要なものだと思います。どっしり重たいですが。

・コンセントの形状変換器・・・上の変圧器をさして使います。イギリスでは3つ穴(長方形の穴が三つ、BF型)なので、二つ穴の日本のコンセントに対応した電化製品を使うときはこれがなくてはなりません。

ちなみに、下のようなタイプの変圧器は、コンセントの形状変換器を
複数タイプ内蔵しているので
便利だと思います。特にイギリスは、ヨーロッパに出ることも多いし
いちいちその国に合わせた変換が必要だと面倒なので。

文房具・・・シャーペンと芯、ホッチキスと芯、セロテープは必須。こちらでも売っていますが、質が悪いのなんのって・・・(@д@)イギリスのホッチキスのやる気のなさはビックリしますよ。5枚でヘタリやがりますからね!

・・・イソジンうがい薬は必須です。日本からイギリスに来た留学生は、まず冬場で一度は喉をやられるという噂です。乾燥がひどいからです。私も今まで二度ほど痛めました。他にも、胃腸薬や頭痛薬などは日本から体質に合うものを持っていきましょう。特に、イギリスの場合は「熱出た!病院行こう」といってもすぐに医者に会えない制度(予約制、数日~一週間待ちはザラ)ですから、かなり自然治癒力頼りです。

マスク・・・薬屋に足を踏み入れないからかもしれませんが、マスクを見たことがありません。している人も見たことありません。でも、喉を痛めているとき、寝るときに着用したほうが楽です。


とりあえず今のところ思いつくのはこんなところでしょうか。
何か足したいものがあったら随時書き出しますね。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

デジカメの充電には変圧器いらないと思うよ…と細かい突っ込み(充電器の裏にINPUT:100-240Vと書いてあれば)。まあ、他の機器には必要ですな。

そして、個人的にはムヒorキンカン推奨。

rattus rattus | URL | 2008年06月20日(Fri)13:19 [EDIT]


ぼくは洗顔と化粧水は絶対日本のを使います。あと腹痛で病院行くのもなんか気が引けるんでビオフェルミンは必須ですね。笑
アメリカはコンセントが∵←こんなんなってるんで日本のやつでも使えるから便利ですw

おにぃ | URL | 2008年06月20日(Fri)16:41 [EDIT]


>rattus rattusさん
あーそうか、デジカメもPCみたいに異なる電圧に
自然に対応してくれるんだね!すげぇ。
私のデジカメは単三電池2本で動くやつで、
その電池を充電電池にしている(充電器は日本のやつ)ので必要だった・・・汗
勉強不足だ。すんまそん。

>おにぃさん、
そうだ、洗顔系は絶対もって行かないとですね!
さっそく追記だー。
そうか、アメリカは「なぜなら(∵)型」だったか・・・
もう記憶になかったです(笑)
PCもそのままつなげるのは便利ですよね~
コンセントの変形させるやつも、軽いけど案外
邪魔なので・・・

ランカスタ | URL | 2008年07月05日(Sat)13:43 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。