イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

留学保険

1年以上の海外留学をする際、大事なのが保険のこと。

しかし、イギリスの医療制度NHSは、正規留学生として来英し、
最寄の診療所に登録を済ませれば
外国人でも無料で医療サービスを受けることができます。

「どこの国へ行くにも、留学生は現地人と同じ税金を払うわけではないので
医療サービスを受けるとなるとどうしても不利になる」というのが
固定観念としてあったので、これは意外でした。

迷うのは、「医療費タダなら、日本からの保険いらなくない?」
というところです。

慣れない海外生活を送るうえで、通常一番心配なのが
医療サービスが安心して受けられるかどうかですが、
イギリスに留学する際はその心配はいらないわけですし…

しかし、NHSにも欠点が。
それは医者に会うための予約を入れて実際に会えるまで
待ち時間がわりと長いこと。
数日ならまだしも、ひどいと2週間先なんてことも。

日本のように、「あ、具合悪い、じゃあ保険証もって
最寄の内科のお医者さんに」と即日行ける状況ではないのです。

でも大抵、風邪ひいたくらいでほっといても人間死なないよねと思うのと、
でもいきなり急性なんとかで手術が必要だったりするとき、
プライベート(=自腹、保険に入らなければちょー高くて無理)の
病院サービスを受けるという選択肢がなくなるのはちょっと不安…

結局、私は
手が切断されるような事故に遭ったらどうするの!!」と
母の強い心配(物騒だよママン…)もあって
しぶしぶ血の涙を流しながら加入しました。

長期留学となると、大体一年に10万円程度
保険料が必要ですし、これは留学直前の物入りのときにかなりの出費です。
3年間分前払いだったので、35万くらいいっぺんに消えることになり
涙目になりました…。

もちろん、治療費だけでなく、盗難に遭った場合もある程度お金が出るので
もし一年中病気にならなかったとしても、安心を買う感覚で
入っても価値があるとは思いますが…痛かったです。。。

ということで、イギリス留学を検討されている方、
日本からの留学保険に入るかどうかは、ご自分の健康状態、英語力(医者と
英語で症状のやりとりを厭わないか)、住む地域の治安はどうか
(盗難が多そうなのかどうか)、を合わせてじっくり考えるとよいと
思います。

しかし、留学直前はバタバタして、ゆっくり資料請求→吟味→郵送申し込み・・・という手順を
踏んでいる暇がない!とりあえず安心のために加入はしておく!という方には、
こちらのAIU留学保険がオススメです↓↓




(バナーをクリックするとページに飛びます)

1年までの留学なら、オンラインで申し込みができるようになっています。
(保険料支払のためにクレジットカードが必要です)
もちろん、時間に猶予がある方はオンライン資料請求(無料)もできます。

1年を越える留学の場合は、どこの保険会社のサイトを見ても
掲載されていませんので、直接電話で問い合わせて資料請求しなければなりません。

もし、この8~9月から渡航するけど保険を何も考えてない!という人は
早めに行動を!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。