イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2007年11月の家計簿

しばらく間が空いてしまいましたが、続いて渡英二ヶ月目の
家計簿公開です。

先月は、なんと6万円もの赤字を出したので
ものすごく焦り、生活は極端なまでに引き締め財政で過ごしました。
でもLeicesterであったフォーラムに参加(完全自腹)で参加したので
やっぱり赤字です・・・


まだまだポンド高が続いていましたし、送金時の手数料を考えて
まだ1ポンド240円換算としています。


2007年11月分(4週間分)

食費       88.82 (21316円)
住居・日用品  5.57  (1336円)
衣料       17.60 (4224円)
教育       2.70  (648円)
交通・通信    14.20 (3408円)
趣味・レジャー  2.78 (667円)
交際       26.95 (6468円)
学会など     139.2 (33408円(参加費・宿泊費・旅費))
個人旅行       なし
使途不明金   1.63 (391円)
-------------------------------
合計        299.49 (71877円)
寮費        324.8 (77952円)
-------------------------------
総計        624.29 (149829円)


支給される生活費は月に13万6000円。
実際には、こちらに送金するときに手数料やレート差があるので
目減りしまくりです。
そのことを考慮せずに計算しても、
やっぱり1万6千円の赤字

渡英二ヶ月目にして、既に累積7万6千円の赤字
(@д@|||)


やばいやばいやばい。
この状態で行ったら年二回日本に帰国するのは到底無理。

この先、円安が持ち直したとしても、博士課程二年目以降は
もっと出席したい学会が増えるでしょう。
となると、どう考えても学会費などの出費が減るはずはありません。

しかし、この月は、スーパーでとにかく一番安い食材を買って、
学会に出席してディナーをとった(交際費に分類)以外は毎日自炊したのですから
これ以上食費を削るのはもう不可能と考えてよいでしょう。

こちらでバイトはしたくないし、もしできたとしても大した実入りにはなりません。
となれば出費を減らすしかないのです。

食費以外で削れるところは何か?

洋服は買わなくても生きていけます。
でもそれがなくても赤字解消には遠く及びません。

ではどうするか。

このとき、

やっぱり寮は高すぎる。学外の家に移る方が良いのかも

と思いはじめました。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こっちは完全なドル安円高です。一時期1ドル100円をきったのは奇跡でした。笑
ずっとこのままでいてほしいなぁ。

おにぃ | URL | 2008年05月22日(Thu)04:46 [EDIT]


おにぃさん、サブプライムローン効果ですね・・・!!
関係者は大変なんだろうけど、正直
ものっすごくうらやましいです・・・
100円切るとかまじですごいです。

ランカスタ | URL | 2008年05月24日(Sat)00:59 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。