イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベルギーへの旅 その1 ユーロスターの巻

4月4日、蘭華は指導教員へのレポート一本目をなんとか終わらせて
添付メールで提出し、ランカスターからロンドン行きの
電車に飛び乗りました。

ロンドンで乗り換え、行き先はベルギーのブリュッセル
元フラットメイトで今はブリュッセルにて
インターンをしているルーマニア人の友達のところへ。

なんと、初・ユーロスターなのです!!

むか~し地理で習ったよ!
電車で国境越えちゃうよ!
ドーバー海峡潜っちゃうよ!

日本で育つと「電車に乗るのにパスポートが必要」ということが
ありえないので、あやうくパスポートを忘れそうになります。

eチケットを予約し、ロンドンの発着駅である
St. Pancras駅の機械で自動で発行・受け取れるように
しておいたのに、いざ予約番号とカードを入れてプリントアウト!
という段になって、機械が「機械の中に問題が発生しました。
と言い出して停止。

えええぇ~。
今まで印刷してたじゃん!
それを吐き出すだけでいいんだYO!

仕方なく、人のいる窓口へ並ぶ私。
係の人は慣れた様子で対応してくれましたが、
eチケットの意味ねー!
もうちょっと強い機械つくって。

まあ、そんなこんなで紙のチケットをゲットし、
パスポートと手荷物検査
(といっても飛行機のよりずいぶん簡単で速い)
を通り抜けて、無事出発です。

DSCN1916.jpg

ユーロスターの先頭。
なんだか、「なんとかレンジャー」の仮面っぽいような・・・




車体のロゴ。
ちょっとくたびれちゃってる・・・かな・・・??(’∀’;)


そして走り出すこと約30分。

それまでは、なだらかな芝生の丘や何かの工場やら
高速道路やら一般道路がちらほら見えていたのが
トンネルへ突入。

3分経過。
5分経過。

けっこう長いな~。


ん?

あれ


もしかしてこれがドーバー海峡越え?(゜д゜)


えっでも海の「う」の字も見えないうちに?


10分経過。
15分経過。


ああ…
これは絶対海峡越えてるんだ。
イギリスは丘陵ばっかりで山がないから
それ以外でこんなに長いトンネルが必要なはずがない。



がーん。



なんてつまらない海中トンネルなんだ!!(゜д゜)



なんかこう、海が見えてきて、
わぁ~海だよ!いよいよ水の下を走るのね!
っていう、わくわくどきどき感とか、
ちょっと怖いかも、今地震が起きたらどうしよう(どうにもなりません)
とか、
思いたいじゃないですか!

全然ナシですよ!

鉄道旅の醍醐味をわかってないよ!ヾ(`д´)ノ


はぁ・・・



そして、20分経過したところで、地上に出ました。
トンネルに入る前と同じような芝生と田園の風景。
ここはもうフランスなのか・・・?

あ、家の屋根の感じが違う!色も違う!

イギリスでは、グレイとか赤茶とかくすんだ畳色のような色の家ばかりですが、
フランスではレンガ色の屋根に、クリーム色の壁の家が目立ちます。
屋根も、フランスのほうが長さがあって、壁の中ほどまで進出している感じ。

なんとなく、畑の緑も濃いような気がする。
フランスだ!!
麦畑のような敷地もたくさんあります。
おぉ、さすがヨーロッパ1の農業国…!!


ベルギー行きのユーロスターは、フランスといっても
パリなどを経由することなく、北東の小さな田舎町に2駅ほど止まるだけで
すぐにベルギーへ入っていきます。

そのときの国境越えも、サインもなにもなく、まったく気づかずに過ぎました。

さすがにドラマがなさすぎて、朝早起きしたのもあって眠くなったので
うとうとして、気づいたらもうブリュッセル南駅でした。

ロンドンを出発してから合計2時間。
早っ!

座席も狭苦しくなく、かなり快適でした。

DSCN1917.jpg


風景は、平地に緑に民家でとてものどかで旅情を感じられますが、
国境越え!とか海中トンネル通過!などの
ドラマはまったくありませんでした。
このあたりは、ユーロスターに求めないほうが良いようです。

駅につくと、既に待っていてくれた友人と再会を喜び、
さっそくお家へお邪魔。
翌日はブリュッセル街中観光が待っているのです。

(続く)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あー、それ私も思った。
以前乗った時、

え……ずーーーーーーっとくらーいトンネル……。

って(笑)
そしてトンネルを抜けるとそこは田園と羊たちだった、
になるんだよね。
まぁ確かにトンネル突破中に水とか見えたら電車が危ないわけだけど、
期待するよねぇ、海の中を進んでいくロマンのようなものを……。

でもこれのおかげで英国からもユーロディズニーに高速移動できるんだぜ!
いつか行きたいぜ!
でも今年はTDR25周年だから日本で手いっぱいだぜ(笑)!

行ってらっしゃーい!

紗羅 | URL | 2008年04月16日(Wed)13:29 [EDIT]


竜飛海底駅というのがあると聞いてましたが(嘘)

逆に、海が見え始めてからトンネルに入るとしたら、それはそれで怖いと思うのです。浜辺からトンネルが始まるとか。嫌です。

rattus rattus | URL | 2008年04月16日(Wed)14:17 [EDIT]


いいなーいいなー

青函トンネルもあまり感動ないんじゃないかな・・・
浜辺近くじゃあ地盤がもろくてヤッテラレナイYO!

楽しんで来てね~

satshi | URL | 2008年04月16日(Wed)16:01 [EDIT]


>紗羅さん
そうだよ鉄道旅にはロマンが必要なのに!!
そっかこれのおかげでディズニーへも行けるのね…
こちらにいるうちに一度行ってみたい。

>rattus rattusさん、
う~ん、急行だからどうやら通過しちゃった
みたいだよ(笑)
むしろジェットコースターみたいに、水の中へ
上からつっこんでいくような…
やっぱダメか。荷物が降ってくるな。

>satshi
なるほどね~!地盤の問題もあるんだった!
さすがマリー。
よし、帰国したら青函トンネルと比べてみよう。

ランカスタ | URL | 2008年04月17日(Thu)21:26 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。