イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サマータイム

3月の最終週日曜から、ヨーロッパはサマータイムになりました。
時計を一時間早めるのです。

ランカスターも、まだコートなしではとても外出できませんが
日差しが強くなり、日照時間が増えているのがはっきりわかります。
晴れが増えてうれしい~(*´∀`*)
まあ、まだ雪とか雹がちらほら降ったりもしますが。

ちなみに、切り替わった日曜日の朝は、
フラットメイトが2人とも教会に行く時間を間違えてミサを欠席(笑)
あーやっぱりあるのねーそういうこと!!(なんだか嬉しい)

冬時間でも、3月も末になればだんだん19時近くなってもまだ明るいままだったので
「あれ、もう夜ご飯作らないといけないの?」って感じだったのですが
サマータイムになってそれがさらに加速しました。

気づいたら、まだ16時くらいだと思ってたのに18時近い、とか
18時くらいだと思ってたのにもうすぐ20時、とか。

蘭華はもっぱら朝寝しているので
午後~夜の時間感覚がずれていて、まだ調節しきれていません・・・。
おやつの時間とか、夜ご飯の時間がいまいち不規則に。

なんでサマータイム制があるのかというと
日照時間の調節のためらしいですが・・・
難しいし面倒です。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ちひろさん、お久しぶりです☆
時々読ませてもらってます。
元気そうで良かったです。

サマータイムって変ですよね。
ノルウェー旅行記みたいな本を読んだとき「時間を社会生活の都合で簡単に切り替えるなんて、自然に対して傲慢な姿勢だ」ってサマータイム制度を批判しているくだりがありました。
それに対して24時間に区切った時間の概念が人間の作り出したものならそれを1時間進めようが遅らせようがどうせ人工物であることにかわりは無いじゃん、と私は思ったんですが、でもやっぱりなんか気持ち悪い感じがしますね。

YFUゆりこ | URL | 2008年04月10日(Thu)02:40 [EDIT]


ゆりこちゃん、
ご訪問ありがとう!

サマータイム思いっきり同感。
サマータイム制の批判意見ていまいち
「え?」って的外れなものが多いよね。。
といっても、日本に導入すべき利点もほとんど
ないのだけど…。

とりあえず、調節するのは大変で嫌~!

ランカスタ | URL | 2008年04月12日(Sat)17:25 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。