イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

また指導教員が変更!!2

(その1からつづき)


不幸中の幸いで、分野も近くはなかった先生だし
私にとっては大してダメージはありませんでしたが、
大学側としては

来てからまだ2ヶ月しか経ってないのに
既に2回も指導教員を変えられちゃった
かわいそうな子


という認識を持ってくれていたので、そこにつけこんで(?)

「2ヶ月間に2回も変更するなんてひどい!
私のストレスをわかっているのですか。この学部にいてとても不安です!
今度こそ分野に近い人、
そして長く指導してくれる人でなきゃ
納得できません!!(意訳)」

と強気なメールを送り、
先日の学会でもランカスターの言語テスト論の
先生方にアプローチしました。

以前サマーコースに参加していたし、こちらに来てから
ずっと研究会に出て顔を売っていたのと、
それなりに質問もしていたので
「まあわかっている奴だ」という評価だったのでしょう、
驚くほど親身な協力を得られました。


結果として、言語テスト論でとても著名な先生がメインの指導教員に
なってくださることになりました!
そして彼も今年一年は絶対にランカスターにいるけれども
来年はわからないので
もう1人、1月から新しく大学に来てくれる
第二言語習得の専門の先生が
同時に指導教員についてくれることに。
彼女も有名で、そして多分野にわたって論文を発表しているので
すごい人です。


やった~、ラッキー!!!!!!(T∀T)


というわけで、今の指導教員が大学を辞める!!という
驚きのニュースから一週間も経たないうちに
事は落ち着きました。
日本ではこんな問題が起こったことがなかったので
大変でした。幸運だったんだなぁ・・・しみじみ


こちらでテスト論研究会に出ていたのも良かったし、
もともとサマーコースに出たのも正解でした。
そして、先週末レスターに行ったのも
素晴らしいタイミングでした。

大学側にも強気のメールを送ったことで、
おそらくそっちからもテスト論の先生方に
圧力がかかっていたのでしょうね。

この世の中言ったもん勝ちです!!
だって論文書くのは私だもん!


既に新しい指導教員たちと会い、おそろしい量のタスクを
課されました。
うは~。これが本来英国大学であるべき博論指導の姿か・・・
今の指導教員(マレーシアに行っちゃう人)は絶対確信犯で
手抜き指導をしていたに違いないのです。
ムカつくー!!
今までの遅れ&ズレを取り戻すべく頑張らねばなりません。
負けるもんかー!!


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ワザワイ転ジテ

福トナル!

やっぱり蘭華ちゃんは博士への道をたどり歩く人なんだなぁ。

努力は幸運の星を引き寄せる。その星をまた努力と実力で輝かせ続ければ、いつか周りを照らし、世界を照らすようになる。

まさにilluminateってやつダ☆

紗羅 | URL | 2007年11月29日(Thu)07:03 [EDIT]


紗羅さん、素敵なコメントありがとう★

今回の変更は文字通り
「もぎ取った」
って感じだけどね・・・笑

結果オーライでほんとよかった。
マレーシアに行っちゃう指導教員には
ゆるゆる指導しかされなかったから、
既に適当癖がつき始めてる。
やばい!頑張らねばー。

ランカスタ | URL | 2007年12月06日(Thu)00:31 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。