イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

留学総括(2)

(1から続いてます)

もちろん、その収穫は、「博論書けた」ということだけによるものではありません。
博論を書くにあたって、取り巻かれた環境から学んだことも本当にたくさん
あります。

そのなかの大きな一つが、共働きで子どもも育てながら
立派に研究キャリアも追求している女性を間近に何人も見られたことですね。
これは、将来に向けて大きな励ましとなりました。

イギリスは産休や育休制度が充実しているし、
男性も女性も定時(17時)でほぼ必ず帰るし、保育所も充実しているし、
日本とはかなり様子が違います。
また、それに伴って男性の家事スキルや育児意識も
ずいぶん進んでいます。
(むしろイギリス女性は料理ができない人が多いとか・・・
それはそれでまた新たな問題が出てくるようです)

究極的には、自分がキャリアを追求できるかどうかは、
たとえば夫も自分も健康で体力があり、自分のマルチタスキング能力が高く、
夫も協力的で、子どもも元気で、通勤に便利なところに保育所があり・・・・・・などの
いろいろな条件がうまく揃わなければかないません。

それはイギリスでも同じことですが、
実際できている人がたくさんいる、
そして彼女たちは人生を楽しんでいる
」という実例を
たくさん見られたことは、「頑張れば私もできるかも」という希望を
持たせてくれました。

もちろん、男女平等を推進し、弱者への社会福祉を充実させてきた裏では、
そのマイナス面も色濃く影を落としています。
女性の権利を守り、女性が1人でも子育てしていけるように
手厚い保護をしてきた反面、生活保護受給のシングルマザー家庭、
十代で妊娠(そして学校教育を全うしない)女子が増加の一途を辿ります。

これは日本の比のみならず、ヨーロッパ内でも類をみない高い比率だそうです。
福祉が充実しているから、男も責任感が薄れているのかもしれません
(1人で妊娠できるわけじゃないのにまったく腹立たしい!!!)。

特に、十代でシングルマザーとなって生活保護を受給している家庭では、
生活保護でずっと育った子どももそれ以外の生活を知らないので、
またシングルマザーや、生活保護に頼る男となり、ネガティブな連鎖に
陥っていくケースが多いようです。

平日の真昼間から、中学生?せいぜい高校1年でしょ?という感じの女の子が
バギーを押して街を歩いている姿を見ると、悲しくなります。
子どもは可愛いだろうけど、あなたにもまだまだ無限の可能性があるのに、と。
しかもそれが日常の光景なのです。
だからイギリスの社会が手放しで礼賛できるとは全く思っていません。

でも私にとっては、日本で感じていた閉塞感から解放してくれた場所でした。
日本では、「博士課程行くの?うわー結婚できないね」などと、
男性に言われることがありました。
学歴が高くなると男性が寄ってこなくなるからだそうで、
そしてそれはおそらく真実なのでしょう。

その点、イギリスでは結婚しない人も多いし、
上記のとおりシングルマザーも普通だし、
長く独身でいても後ろ指を刺されたりしないし、
30,40,50代になっても大学に勉強しに戻ってくる人もたくさんいますし
「え、その年まで学生って一体なにやってんの?しかも女で?
人生どうすんの?」という空気が全然なかったことは
本当に楽でした。

それから、何よりも、「博士課程にいます」と言っても
まったく気にしないどころか、「情熱をもって研究している君がいい」と支えてくれる
イギリス人男性に出会い、結婚に至ったこと。

研究がうまくいかなくて不安定になって泣いても、
病気しても必ずそばにいてくれる人がいるというのは
本当に心強い支えでした。
いやー、マジで夫、GJ!!(笑)

4年前にイギリスにやって来たときは
国際結婚することになるなんて思いも寄りませんでしたし、
3年前に今の夫と出会ったときも
「自分は日本語を話さない人とは絶対に結婚したいと思えるほど
わかりあえないだろうなぁ」と堅く信じていたというのに・・・
人生は本当にわからないものです

4年前、3年前はおろか、1年前に今自分が日本に帰って
大学の教員になっているとも思ってなかったわけですから、
あまりに長期的プランなんて役に立ちませんね。

なので、蘭華は
先のことはわからない!しなやかにしたたかに生き延びる術はただ1つ、
柔軟でいることのみ!

を身上としたいと思います。

なにか大事な決断や選択を迫られることになったら、
たくさん考えて、話して、自分の直感に素直になって、
ベストだと思うものを選ぶ。
そうすれば、後悔することにはならないと思うし、
しても踏ん切りがつくし、何よりも
後悔しないように、その選択が合っていたと言えるように
その後もベストを尽くすことができると思うのです。

これからも精進します。

ありがとう、イギリス。
支えてくれた多くの人たちに深く感謝申し上げて、
留学の総括としたいと思います。


(まだブログはもう少し書くつもりです)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして^_^

 はじめてコメントさせていただきますが、蘭華さんのブログはずいぶん前から拝見しています(^_^)

 私は現在ケンブリッジのMPhilコースに在籍している院生です。コース自体は先月はじまったばかりですが、「このまま研究を続けていくのが果たして自分にとって本当によいことなのだろうか」などなどと考えて時々過呼吸になります(+_+)

 今回の蘭華さんの記事を読んで、蘭華さんもPhDを取るうえでつらい時期があったんだな~私もいつか振り返って、PhDを取ってよかったと思える日がくるといいな…と思いました(←そう思えるかどうかは自分が何を達成できるかにもよる気がしますが…)。

 今回の記事のみならず、蘭華さんのブログには私自身、これまで何度も勇気づけられました(^-^)
卒業式楽しんでくださいね♪

雨 | URL | 2011年11月05日(Sat)17:44 [EDIT]


> 雨さん
ケンブリッジでMPhilをされているんですね!このブログをご覧になっているということは英語教育や第二言語習得の分野の方でしょうか?私はケンブリッジのDTAL(Department of Theoretical and Applied Linguistics)のPhDに在学している村上と申します。私もPhDの最初の数カ月は精神的になかなか大変でした。今後とも何かあればよろしくお願いします。

> 蘭華さん
横入りすみません。

mrkm-a | URL | 2011年11月06日(Sun)04:49 [EDIT]


*蘭華さん*
 ほかの方へのお返事にこの場を借りてしまってすみません(>_<)

>mrkm-aさん

 はじめまして^_^
mrkm-aさんもケンブリッジにいらっしゃるということは、どこかですれ違ったりしているかもしれないですね。狭い街ですし(笑)。

 ちなみに私の専攻は社会学です。言語系の分野とはほぼ関連がないのですが、イギリス留学ということで蘭華さんのブログにたどり着きました。

 PhDはMPhilより精神的に大変そうに思えます(・_・;) mrkm-aさんも最初の頃は大変だったんですね。う~んやっぱりみんなつらい思いをしつつ取り組んでいるのかな…(+_+)

 声をかけてくださってありがとうございました(^-^)こちらこそ今後もよろしくお願いいたしますm(__)m

| URL | 2011年11月06日(Sun)09:11 [EDIT]


> 雨さん
そうでしたか。失礼しました。十色会などでお会いしましたらよろしくお願いします。確かに最初の頃は辛い時期もあったのですが、私は研究自体は好きなので基本的にはPhD生活を楽しめています。研究を続けるべき(≒PhDに進学すべき)かどうかは一概には言えませんが、その分野の研究が好きで、研究プロセスを楽しめるかどうかが一つの重要な基準なのかと(PhDすらまだ取得していない私は)思います。

mrkm-a | URL | 2011年11月06日(Sun)12:45 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011年11月06日(Sun)16:07 [EDIT]


はじめまして

はじめまして、蘭華さん。
私は今東京で第二言語習得の院生なのですが、ランカスターでのPhDを考えているところで蘭華さんのブログと出会い、一気に読ませて頂きました。蘭華さんと関心のある分野もとても近くて、speaking, task design, planningをやりたいと思っています。testingもとても興味がありますが、統計半端なさそうですね~!!
ブログを読ませて頂いて自分が思っているよりもずっと大変そうだなあ、という感想と同時に蘭華さんの素晴らしい努力と積極的なアプローチに感動しながら読ませて頂きました。特に博論の製本された写真。。。後光が射していました!!本当におめでとうございます。

PhDは敷居が高く、自分が挑戦しても大丈夫なのか~~??というところが今のところ一番の不安です。指導を受けたい教授がランカスターがいるのですが、それは学校側が決める事だと蘭華さんのブログで知りました。さらに頻繁に異動があるのであてにならない。。。というのも全くそうですよね。指導教官によっては博士課程が全く違う物になってしまうかもしれないということも改めて認識しました~~~(汗)。

私は結婚もしていて子ども(いっぱい)もいるし、年もいってるし、で周りに言ったら「行ってどうするの?」とか反対を受けそうですが、一度きりの人生だし、、と密かに計画しております。

まだしばらくブログを続けて下さるとのことで本当に楽しみにしています。11月のJALTなどで発表などされるのでしょうか?どこかで発表されるようでしたら是非伺いたいです。

これからの益々のご活躍、お祈りしています。

Gleek | URL | 2011年11月07日(Mon)11:06 [EDIT]


>雨さん、ご覧くださってありがとうございます!ほぼ愚痴ブログであったものが、少しでもお役に立てていたならこんなに嬉しいことはありません。

研究できることは幸せなことだとわかっていても、いろいろとつらい思いをしますよね。将来への不安も、すごくよくわかります。でも、今MPhilが始まったばかりとのこと、mrkm氏の言うように、研究テーマを設定・研究着手後に、「面白い!」と思えたら、もうこれは勝った勝負だと思います。面白いと思えたら、研究する力も出てきて、それが将来につながると思うからです。体に気をつけて、ぜひ頑張ってくださいね。

>mrkm君、このブログで新たな出会いが生まれるのを見た!ありがとう!世界は狭いね。

>ゲルマンさん、もったいないお言葉です。ずっと読んでくださって本当にありがとうございます!

>Gleekさん、本当にありがとうございます!ママで院生でらっしゃるとは、何と志が高くていらっしゃる!PhDは、研究したい志と健康さえあれば絶対に可能です!

タスクでspeakingでplanningで教授となると、M.B先生ですね?うーん、Gleekさんのおっしゃるとおり、教員の異動が流動的な事情もありますし、彼は定年が近いこともあるのと、学生の指導に関しては若い先生のほうがやはりきめ細かいようですので、彼目当てでランカスターに行かれるとがっかりされてしまうかもしれません。でも、数年前に新しく赴任してきたA.R先生も、タスク関係の専門家でお若くてものすごく頭が切れるので、M.B先生でなくてもランカスターは総合的に良いところだと思います。私の指導教員であったJ.K先生もスピーキングやプロセスが専門で、カバー領域も広くて頼れる人でした。

指導教員の決定について、ランカスターも、建前は「大学側が決める」としていますが、最終的には教員が受け入れをOKするかどうかですので、中には「事前に教員から受け入れOKをもらっていた」という人もいました。ので、事前のコンタクトができるならするに越したことはないです。もし私でよかったら、いつでもご紹介しますのでご連絡ください。

JALTには行けないのですが、来年度から本格的に日本の学会でも発表していければと思っています。Gleekさんもお体に気をつけて、研究がんばってくださいね。

蘭華 | URL | 2011年11月09日(Wed)12:04 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011年11月14日(Mon)10:01 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011年11月23日(Wed)08:51 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。