イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

指導教員と初めて会う

ランカスターに来て5日目。
まだ5日目なのか、という感じですが…

今日初めて、これから3年間お世話になる指導教員に会ってきました。
最初は10時だったのに、すっぽかされて
メールでリマインダーと次の日時を設定してくださいと頼んだら
「ごめんごめん、急な用事が入って。
今日はこの後ずっといるから」と連絡が来たので
14時に会うことに。

すごく感じの良いおじさんでした。
一度すっぽかされたけど…
すっぽかされたけど…

私の調べたいことにピッタリ、という分野の専門ではないけど
もともとは社会言語学系の人らしいのですが
アジアの英語事情もかなりわかっていて、
今はマレーシアでアカデミック目的のライティングの
コーパス構築をしているそうな。

親身になって相談に乗ってくれたので安心しました。
「勝手にやりなさい」みたいな人も多いよ~、と
脅されていたので。。。

とりあえず、「学校文法」ってどんなの?
というのと、それがelicitされているかを
10個か20個の手持ちのデータで見てみるべし、ということに
なった。

研究計画書にはあまりにも壮大な計画を書きすぎて
(焦点もあまり絞りきれていなかったけれども)
3年でできる規模と方向をまず探そう、という段階です。

3年て長いような気がするけど、
データ取ってうんたらかんたら、と考えると恐ろしく短い。
焦るぞ!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。