イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あきらめの早いイギリス

去年に続き、「厳冬」と噂されているイギリスの今冬。
昨日今日は少し暖かくなりましたが。

ヒースロー空港がほぼ閉鎖状態だったり、
バスや鉄道の交通機関や、郵便配達網も
ものすごくdisruptされていて混乱しています。

これだけ聞くと、

「さぞかし寒いんだろうなあ」
「マイナス20度くらい行っちゃうのかしら」
「ものすごい降雪量なんだろうな」

と思われると思いますが・・・

イングランドの北のほうにあるランカスターでも
最低気温はマイナス5度程度でした。
一度マイナス12度くらいまで行ったけど、
すぐ戻りましたね。
降雪量も、ランカスターは数センチ程度。
正直、まったくもって「大雪」とは呼べない程度でしたよ?

まあ確かに、日照時間も短いうえに
ほぼ曇りですから、雪が溶けずに凍ってしまうので
危ないというのはわかるんですが。

それでも、日本人からするとありえない
やる気のなさで、

労働者は仕事に行かないわ(「道路がすべる!車を安全に運転できない!」←チェーンは?)
鉄道は止まっちゃうわ(「線路に雪が!」←除雪は??)

で、クリスマスの時期なのに郵便配達はないし
プレゼントやカードも時間内に着かないということで、
国民のイライラ度はMAXだったといえるでしょう。

また、こっちではクリスマスは家族イベントですので、
大量の食料を買い込み、盛大なディナーを作ってお祝いするわけですが
あまりにも大量な買い物のため、ネットスーパーで配達に頼る人も
かなりいるわけです。
それが、

雪のため配達できないので注文キャンセルします。
品物は棚戻ししちゃったんで、買いたいなら店に来て選びなおしてね


とかいうドタキャンの知らせが来ちゃったりするし。
せめて棚戻しはしないで、店に来たら一瞬でピックアップできるくらいに
しといてくれよー!っていうね?
ちなみに天下のTESCOなんだぜ?

一言でいうと、もうちょっとやる気出せよ…イギリス。

っていう冬でしたね。
あきらめ早すぎだろーって。


ちなみに、私も注文した本などを首を長くして待っていたとき
Royal Mail(イギリスの郵便局)の
ウェブ追跡サービスを頻繁にチェックしていたんですが、
Royal MailはなんとTwitterでカスタマーサービスをやってるんですね↓


http://twitter.com/royalmail


いくつかやり取りを見ていくとスッゴク面白いですよ!

たとえば、

消費者:「この追跡番号の荷物どうなってんの?翌日お届けサービス使ったんだけど(明らかにイライラ)」

RMの係:「翌日お届けサービスは12月6日から凍結しています。私たちのドライバーにとって安全が保障されないからです。可能な限り早くお届けします」

消費者:「可能な限りとかいって、何にもしてないじゃん!もういい!最寄の郵便局で荷物よこせって言ってくる」

RMの係:「言ってもいいけど、荷物の引渡しはできませんよ。私たちは今できる限りのことをしてるんです」

消費者:「まじRoyal Mail役立たず!高い金払って結果がこれかよ!次はFedExにするから!」


とかね!!(・∀・)

電話のカスタマーサービスだって同じようなやりとりが
毎日起こってるんでしょうが、
ウェブで残っちゃうのに暴言を吐く消費者もすごいし
そこはかとなくケンカ売っちゃってる感じのRMの係の人もいたりして、
ちょっとしたドラマです。

かくいう私も、外資小売チェーンの情報システム部で
通訳兼お客様サポートをしていたことがあるので
カスタマーサービスの大変さは身に沁みてわかります。
RMの人、毎日大変だろうなぁ…
やる気のないイギリスに呆れてはいますが、
彼らにだけは心底同情してます。
早く冬休みになるといいね。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。