イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リサーチダイアリー

以前、リサーチダイアリーはA5サイズの無地リングノートがお気に入り、
と書きましたが、それもこの半年くらいで変わりました。
最近のお気に入りは、なんとA4の無地バラ紙。

A5ではやっぱり小さいし、ページが進むと
どこに何が書いてあるかわからなくなって
大量のメモ書きをするには
結局不便、ということに気づきました。
サイズは小さいけど、200ページとかのノートを買うので
結局荷物重くなるし。

やっぱりA4はいいわ。

大学入学時(日本)、それまで小学校から高校まで慣れ親しんでいた
B5サイズから突如としてすべての資料などがA4サイズで
配られるのにひどい違和感を覚え、しばらくは四隅を切って
B5にしてファイリングしてみたときもありましたが…
(昔から変なところで潔癖だったんです…今はわりと大雑把大魔王ですが)

今ならわかる。
A4、書けるスペースが多いですもんね。
大学勉強することいっぱいありますしね。
でも、小中高であんなにも一貫してB5(およびB4)しか使われていないのには
何か理由があるんだろうか。

無地バラ紙だと、離散する恐れはあるものの
全部一緒くたにしてひとつのファイルに入れておけばいいし、
ファイルを開けてざっと目当ての紙を探す手間は
リングノートをのページを繰るよりも(私にとっては)楽。
荷物サイズはでかくなるけど、
必要な分だけ持ち歩くので軽いし。

というわけで、最近はもっぱらA4で印刷した草稿とか
論文の裏紙を使っております。なんてエコ!!
たまに裏に書いてあることをふっと見ると気になっちゃって
注意が削がれたりもしますが…。

そんなこんなです。
今日は土曜の夜7時半ですがまだ大学の研究室です。
集中するとおなか空かないなあー

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。