イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

恐怖の牛乳事件

昨日は恐怖の1日でした。
キッチンのせいです。

昨日は、午後からしか研究会がないので
朝11時くらいに起きて、ブランチをつくりにキッチンへ行ったら、
すっごく臭い!!!!!!!!

何だろうと思ったんですが、一見何が臭っているのか
見当たりません。
床が少し濡れているだけで。

とりあえず、呼吸困難状態になりながらも
ごはんの用意をしていたら、フラットメイトの1人が来て
説明してくれました。

今まで、賞味期限が切れて数週間たっていた、
持ち主不明の牛乳2リットル強がずーっと
ゴミ袋の下に置いてあったんですが、
どうやらそれを中身を捨てずに
そのままゴミ袋に捨てた輩がいたらしい。

ゴミ袋は地面についているのではなく
金属枠にかませてぶらさげてあるだけなので、
当然のことながら重すぎて落っこちた…

そして…

その腐った牛乳が床に流れ出し…

イヤああああああ~~~(TOT)


しかもですね、しかも最悪なのが、
私が入ったとき、床は透明な液体で濡れていたんです

つまり、流れ出した牛乳はすでに
脂肪分と水分が分離していた
つまりそれほど腐敗が進んでいた
ということなのです!!

ホントに
気絶モノです

こうして私たちの団欒、憩いの場だったキッチンが、
一夜にして恐怖の悪臭キッチンと化しました。


毎日朝に、掃除のおばさんが来てゴミ袋を替えて
床をモップがけしてくれるのですが、
これまでは掃除してくれなかったようで…。

キッチンをこのままほうっておくなんて
とってもイヤでしたが、
それでも研究会に行かなくてはいけなかったので
とりあえず昼だけは作って、部屋で食べて出かけました。

フラットメイトは全員修士課程生なので、夜まで授業が入っていて
私が夕方帰ったときにも、状況は何一つ変わっていませんでした。
悪臭は時間が経って、ますますひどくなるのみ。

大学の寮の管理人に言っても、
ゴミ袋が落ちたのは私たちの責任だから
掃除人を呼び戻すわけにはいかないと言われます。

もう私、泣きたいよママン(T□T)


しかし、このままでは夕食も作れませんし
他のフラットメイトも所詮(?)外国人なので
あまり綺麗にしてくれないかもしれません。
しかもまだ誰も帰ってきません。
もしかしたら帰ってくるのがイヤだったのかもしれません
(それも他力本願すぎだけど)。
だってすごい臭いが廊下まで漂ってましたから…

というわけで

結局私が台所用洗剤とモップとキッチンタオルを
大量に使って一生懸命掃除をしました!!


もう、悪臭の中ものすごく頑張りました。
長タオルを口と鼻をおおうように巻いて、
洗剤を入れた水にモップをつけてこすって、
キッチンタオルに吸わせて…

そのうちにバラバラとフラットメイトも帰ってきて、
ぞうきんを寄付してくれたり、ファブリーズみたいなのを
使ったりして状況は改善していきました。

だいぶ悪臭がよくなるまで時間がかかりましたが、
二時間かけて掃除したあと、1時間くらいほうっておいたら
ほとんど臭わないくらいになりました。

一時はどうなることかと思いましたが、
なんとか解決できてよかったです。(T▽T)


でも、腹の虫が収まらないのは

「そのミルクがもともと誰のものだったか」
「誰が愚かにもゴミ袋にそのままつっこんだか」

が判明しないことなんです。


3人いる男のうちの誰かだというのは確実ですが
(女は全員毎日料理しにキッチンに来るので
牛乳を腐らせるなんてありえません)
誰も名乗り出ないんですよ

まあ、当たり前といえば当たり前ですよね、人間心理的に。
何人かでシェアしてるんだから、「自分じゃない」とさえ言えば
それをくつがえす証拠はないわけですから。

でも、牛乳を腐らせてもおらず捨ててもいない私が
そんな無責任な輩の尻拭いをさせられて、
本当に腹が立ちました。

このまま黙って尻拭いしてやるわけにいかん、ということで
全員に宛てて、という名目で、

二度と牛乳をゴミ袋に捨てるな、
重すぎるゴミも捨てるな、

またあっても二度と私は掃除しないからね!」

というNOTICEをテーブルに置いておき、
読んだら全員サインするように欄を設けてペンを置いておきました。
翌朝には、全員が読んでサインしていました。

これで、真の犯人が私がめちゃくちゃ怒っていたことを悟り、
もう二度と同じことが起こらないようにすることを
祈るばかりです。

それにしても、私のフラットメイトは全員大学院生なので
一番若くても23歳以上です。
大体が24~25歳あたりでしょう。
そんな大人にこんなこと注意しなきゃいけないなんて…。

ある意味カルチャーショックな一件でした。
共同生活の大変さを思い知らされました。

これからの生活でどんな珍事件が起こるかと思うと
興味深s 先が思いやられます。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うむむ,災難だったね・・・
どのくらい臭いのか想像もつかないなり.
自分と生活感覚が違う人と
生活空間をシェアするのもなかなか大変だよね…
同じことが起きませんように☆

Yurika Y | URL | 2007年10月24日(Wed)00:14 [EDIT]


名探偵、千尋とじっちゃんの名に懸けて探し出して、叩きのめすんだwwwwwww

わからなかったら全員窓から投げ捨てろー

ポイっとw

ひのっち | URL | 2007年10月25日(Thu)09:23 [EDIT]


Yurika, 想像できないのが正しい姿だと思うよ…
同じことが起こったら一切片付けに関わってやらない!

本当に、日本で普通だと思っていたことが
そうでないのを日々実感。
ルーマニア人はパスタを水から入れてゆでてたり。

ランカスタ | URL | 2007年10月25日(Thu)17:55 [EDIT]


ひのっち、ほんとに叩きのめしたい気分!
謝罪が聞きたい。

この大学は防犯のために窓が全開にならず
せいぜい開いても10センチ程度。
投げ捨てるのは無理か…
かわりに締め出しかな☆

ランカスタ | URL | 2007年10月25日(Thu)17:57 [EDIT]


頑張れ

チーコ! 胸を張って堂々と研究しているナア。安心しました。やっぱりチーコは大ものだ!!
余り無理せず、悠々と。  体には注意。爺婆 

かわさき | URL | 2007年10月26日(Fri)05:40 [EDIT]


柿生御所!!
わあ~激励をありがとう!!

感涙。

大物になるべく、修行します!!

ランカスタ | URL | 2007年10月26日(Fri)23:53 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。