イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本語教師体験 その2

さて、大変楽しくsuccessfulに終わった日本語授業でしたが、
この学校は、なんと実はバングラデシュ人生徒しかいないという
きわめて特殊な小学校でした。

現在のイギリスでは、外国人労働者・移民を積極的に受け入れる政策により
イギリス人ネイティブ人口よりも移民人口の比率が上回る都市も
だんだん出てきていますが、小学校が移民人種のみというのは
さすがに非常に珍しいといえます。

一緒に授業を行った、大学の国際オフィスの人によれば
マンチェスターなど産業革命で栄えた都市の周辺地域は
その後廃れ、家賃や生活費が安い地域となったため、
比較的安い賃金で働く移民が集まるのだそうです。

ランカスターも一歩違えばそのようになっていたはずですが、
大学と、NHSのかなり大きな病院が建てられたことが
安定した財政の供給源となり、Oldhamと同じ道を
辿らなかったのだそうです。

Oldhamの小学校も、きっと最初は所得の低い白人の子どもも
いたと思いますが、徐々に移民が増えるにつれて
バングラデシュ人の割合が高くなって、現在はこのように
なっているのでしょう。

そんな事情を事前に耳にしていたので、
「もしかしたら学校の建物の状態も悪かったりするのかな?」
「子どもたちは荒れてたりするのかな?」
とちょっと心配していました。

が、いざ到着してみたら、
建物は古いながらも清潔で、教室の設備は行き届いていて
(PCはもちろん、インタラクティブスクリーンが全教室に1つずつ設置)、
学食では栄養バランスの良い献立が3種類から選べ
(この日はインドカレー、キッシュ、スペイン風白身魚のシチュー)
しかもサラダバーまであり、
先生・教育実習生・地域のお手伝いの人を含めると
1クラス2~3人のスタッフが子どもの面倒を見る、という
非常に手厚いケアが行われていました。

お金かかってる!!(゜д゜)

というのが第一印象でした。
教育を大事にしている学校でした。
子どもたちもキラキラした瞳で楽しそうに過ごしていました。

DSCN2445.jpg
DSCN2447.jpg
DSCN2444.jpg


何よりも、この「外国語週間」という、一週間すべてを
異なる外国語のクラスをたくさん紹介することに捧げた活動を
行うというのがスゴイと思いました。
今年はじめての試みだそうです。

一緒に授業をした大学の国際オフィスの人によれば、
イギリスの南のほうでは、日本語の授業の要請はたびたびあるそうなんですが
北西部では初めてなんだとか。

バングラデシュ人の多い地域で(白人もいました、後で帰るとき見たので)、
バングラデシュ人しかいない小学校に通っていたら
他の人種、コミュニティ、heterogeneityに抵抗・偏見を持つのは
いとも簡単でしょう。

あえてその中で、diversityを学校のモットーとして掲げて
それに向かってものすごい努力が注がれているのがわかり、
本当に頭が下がる思いでした。

通常のカリキュラムに割り当てられた授業時間を一週間分も割いてまで、
部外者である外国語教師たちを呼んで(=クラスマネジメントがものすごく
大変になり、先生方の労力・疲労がものすごいことになる)
外国文化にちょっとでも触れさせるとは。

まだ小学生だし、大した活動はしていないから
日本語の授業ははじめ、他の外国語の授業も
どれだけ残るものなのかはっきりはわからないけれど、
こうしていろんな違う文化をちょっとでも知ることで、
ひいては数年前のロンドンテロのようなことを
防ぐ助けにもなるでしょう。
また、こういった活動を取り入れることで、まだまだ根強い
移民に対する冷たい視線も、徐々に変えていける可能性を秘めています。

先生方は、「今週は一日が終わると本当に疲れるのよ~」と
おっしゃっていて、私自身も5コマは本当に疲労困憊でしたが、
今度みたいなことがまたあれば喜んでお手伝いしたいと思います。

この学校の「外国語週間」が来年以降も続いて、
イギリス北西部のほかの学校にも広まっていったらいいなぁ。

そんなことを夢想しながら、またペーパーに戻ります。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

学校って場所も

なんだかんだで狭い世界だからね。
でも小さな社会でもあるから、
そこで多様な文化・価値観を紹介出来れば、
偏見や先入観を持たない心を育てられるはず!

結局それが自衛にもなるし、
平和につながることだよね。

この2つの記事、新天地での仕事前の私に
勇気をくれました。
期待とともに不安もあるし、
そういうのが体調に出てきやすいんだけど、
(アレルギー程度だけどね)
大丈夫。有難う。

お互い体を大事にして、
自分を育てて夢を掴もうぜ!

紗羅 | URL | 2009年03月27日(Fri)15:09 [EDIT]


蘭華さん、日本語の先生だー!
なんだかすごく嬉しいです☆

みんなの浴衣姿、かわいすぎます。鼻血がでそうになる気持ちが良く分かる。笑

たしかに、異文化に触れることが平和な世の中を作る一歩になるのかも。それがちょっとだったとしても、積もっていったら大きなものになりますしね。

5コマお疲れさまでしたー!すごいです。

yukky | URL | 2009年03月28日(Sat)01:54 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。