イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イギリス医療事情

その後、見た目最悪だけど保温機能最高!(゜∀゜)な自作コタツのおかげで
膀胱炎も再発しないまま、ひたすらカタカタ書きつづける日々を送っています。
新年になってからしばらくは不安でしたが、一安心です。

さて、その1、その2にも少し書きましたが
ここらへんでイギリスの医療事情を整理してお届けしたいと思います。

イギリスの公共医療を管轄しているのは
National Health Service(NHS)と呼ばれる
国営のサービスです。
スコットランドなどでは、NHS Scotlandなどと地方の名前がつくそうですが
私のいるイングランドではただNHSと呼ばれます。

基本的に診療は無料です。
日本のように、国の財源と利用者の負担分が50%ずつでまかなわれているのではなく、
イギリスでは約80%の医療費が国庫負担です。

利用者がお金を払うのは、薬を処方されて
薬局で薬を買うときの薬代のみです。
たとえば、抗生物質3日分で7ポンド10ペンス
(今の為替なら900円程度)。

面白いことに、薬代は、日本のように
「処方量(日数)が増えれば値段も上がる」のではなく、
1日分でも1週間でも値段は同じ」なのです。
処方箋1枚でいくら、という計算。
なんでだろう。なんだかずさんな気もしますが・・・。

そんな背景も手伝ってか、抗生物質はできるだけ少ない量を処方するよう
医師たちに通達が行っているようです。
私が患った膀胱炎は、日本であれば抗生物質が1週間、
腎盂炎は1週間~10日ほどは処方されるようですが
こちらでは膀胱炎3日分、腎盂炎5日分しか
処方されませんでした。
(とても親切に見てくれた医者3は、腎盂炎の抗生物質を出すとき
NHS通達のシートを見て、「あら、本当は一週間出したいけど
5日分って書いてあるわ」と確かめていました)

そのかわり(?)、錠剤はデカイです。カプセルもです。
いい大人でも、喉に詰まるんじゃないかって思うくらいです。
頭痛薬や解熱剤などの市販薬でも
日本の2倍の量が一粒に入っていたりするので
日数よりも実際の量で勝負!!ということなのかもしれません。
まぁ、量は多くても、私の最初の膀胱炎の治りは芳しくなかった
わけですが・・・
やっぱり日本がいいです・・・。


NHSのサービスを受けるためには、住んでいるところから
徒歩圏内にある家庭医(General Practitioner(GP))を
かかりつけ医として選択し、医師または診療所に登録を済ませます。
6ヶ月以上滞在する、ビザ有の学生も登録し、サービスを利用することができます。

ランカスターでは、留学生は大学内にある診療所に登録するだけなので
かかりつけ医を選択するプロセスもなく、
自分のかかりつけ医が誰ということになっているのかわからないままですが。

診療を受けたい場合には、まず診療所に電話をして予約をします。

その日中になんとしても診てもらいたいときは、
「緊急予約」としてねじこんでもらいますが、医師は指定できません。
また、医師を指定すると、ヘタすると二週間待ちになります。

この、待ち時間の長さがNHSの最大の弱点といえます。
NHSは、これをなんとかしようと
「予約の電話から1日以内には看護士に、
3日以内には医師に診てもらえるようにする」という方針を打ち上げていますが
やはり、医師を指定すると待ち時間は長く、
長く診てもらっていて、信頼する医師に診て欲しい場合でも
予約を近日中に取るということは困難を極めます。

私は、初期の膀胱炎が治らずに何度か緊急予約を取ったとき、
3人の別の先生に診てもらうことになりました。
このとき、「医師を選ぶってのは大事なことなんだ・・・」と実感しました。

だって、最初の人はインド系の男性。
膀胱炎なんてはじめてかかったし、英語の語彙もそれを説明するだけの
ものを使い慣れてないです。しかももろにおシモ系・・・

しかも、最悪なことに、膀胱炎ぽい症状は性病の可能性もあるとか
いわれまして、検査を受けなさいと言われ、その場で検査予約・・・。
まったく心当たりがない、心外すぎる(゜д゜#)」と思ったけれど
初見の医師にそれを主張しても仕方ないので
ちゃんと素直に受けましたよ。性病検査を後日。はーやれやれ。

いやーいくら蘭華が20代後半でもやっぱり女として
男性医師とは英語でこんなやりとりは居心地が悪すぎて無理、と思いました。。。

医者2は女性で、わりとはきはきと診断・処方してくれましたが
電子カルテで致命的(まさにですよ・・・)なミスコミュニケーションを招いた人
でしたし・・・

腎盂炎になってから出会った医者3は、「これからもこの人についてく!!」と
思えた、とても優しく的確なアドバイスをくれる人でした。
今回死にそうな思いをしたけど
この人に会えてよかった、少なくともこの先ランカスターにいる間は大丈夫だ、
と思えました。

ほんとに医者選びは大事です。
まずはかかってみないと何もわからないわけですが、
やっぱり

・疑問点をきちんと説明してくれるか
・誠実な対応をされていると感じられるか
・自分が症状を相談するとき、リラックスして全てを伝えられるか

がキーではないかと思います。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。