イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こたつ発明

頭寒足熱、最強の暖房道具であるこたつ

日本のもので何が好きかと問われたら、間違いなく
蘭華のマイベスト3に入るシロモノであります。

しかし、しかしです。
残念ながら変圧器を使わずにこちらで使用できるこたつは
開発されていないようです

そんなに需要がないのか・・・
イギリス人女性は足が冷えても大丈夫なのか・・・

床に座る習慣がないからなんでしょうけれども。
こたつでみかんの甘美さをしらないなんて、可哀そうな人たち!!

イギリスの一般的な家はセントラルヒーティングですが
暖房器具といえば、壁に取り付けられたこんなやつ。

DSCN2356.jpg


ガスで水を温めて、それがこのウネウネの中を通って
ほんわりと部屋を暖める、という形です。

この大きさはかなり大きい部類に入りますが、私の部屋は
地階である上に、窓がものすごく大きいので
寒がりな私に十分なほどは暖まってくれません。
そして足が冷える冷える。(TдT)
そりゃ膀胱炎にもなるわ!
という感じです。

そんなわけで、日本のこたつが恋しくてしょうがなかったのです。

しかし、日本でこたつを買ってこちらに送るとしても、
自動温度調節機能など、マイコンが入っていると
変圧器を使ってもこちらでは使えないのです。
炊飯器でも同じことを言われ、涙を飲みました。

変圧器を使える、古めの機種だったとしても
必要な電力に見合う変圧器となるとものすごいシロモノに・・・
もしそれで使えないとわかったら超無駄ですし。

こちらのオークションの最大手ebay.UKを見ても、こたつは
変圧器が必要なものばかり。
役立たずめ!(゜д゜)、ぺっ

しかし、セントラルヒーティングではやっぱり足が冷える!
膀胱炎が再発したらそれこそ博論計画が台無しに!!
足さえ温かければ、上半身はいくらでもぶくぶくに着られるのに・・・。

と思っていたところ、ふと思い至ったのが、この家の地下室にもともと置いてあった
エクストラの暖房器具、デロンギヒーター。

これを机の下に入れて布団でかこめば・・・(*゜∀゜*)

ふっ…

手に入らなければ作るまで!(゜∀゜)b


見よ、この素晴らしい発明!!

DSCN2352.jpg

部屋、カオスすぎ・・・というつっこみは受け付けません。
だって修羅場中なんだもん!

友人から譲ってもらった、ダブルベッドサイズの掛け布団と
自分のシングルサイズの布団を洗濯ばさみで留めて
壁側を除く3面を覆っています。

机が、二組の折りたたみ式脚と、一枚の大きな板を乗せてできる
簡易なつくりだからできました。

布団カバーがまったく統一がとれていないうえに
こたつ用机ではないので布団が中だるみになり、
見た目最悪ですが、これがあったかい!!!
もう感動、感涙の嵐です!!(T∀T)

ちなみに、中の頼もしいデロンギちゃんはこちら:

DSCN2355.jpg

火事の心配もないし、ちょっと調節が効きにくいところが玉に瑕だけど、
いい仕事してくれるわぁ・・・

当然、椅子に座って布団を膝上までかけただけだと、隙間があいて
ふくらはぎが寒いことになるので
脚をつっこんだら椅子の下部分に垂れる布団はすぐに閉じます。

これで一日中でも、この寒い自室にいられるようになりました。
素敵!!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>部屋、カオスすぎ・・・

ワロタwwwたしかにすごいwww

こたつかー.考えてもみなかったな.でも作っちゃうところはさすが! 僕はいつもオフィスで勉強してるけど(暖房代タダ!),夕方すぎて寒くなってきたら1.5m×2mくらいのデカいウールのブランケットで腰から下をぐるぐる巻きのスマキ状態にしてます.

KB | URL | 2009年02月05日(Thu)20:14 [EDIT]


こたつ~~~♪

「出口がなけりゃ、作るまで!」

とは、鋼の錬金術師の主人公のセリフ。

を思い出しました(笑)

っていうかお部屋カオス写真見てすっごく安心した。
なぜなら。


私 も そ う だ か ら 。


卒論修論の時もそうだったけど、
今も変わらないんだよね……試験作成中とかさ……。
お部屋中紙とか紙とか本とか本とかが山と海を作っています……。

紗羅 | URL | 2009年02月06日(Fri)14:52 [EDIT]


に、しても・・・

顔すすぎ(笑)

明日お掃除しに伺いますv-15

YASU | URL | 2009年02月08日(Sun)06:34 [EDIT]


>KBさん
毛布簀巻き状態ではもはや太刀打ちできなかった地階・窓デカ部屋の寒さですよ!!
腎盂炎になってなかったらたぶんここまでしなかったなぁ・・・(苦笑)
部屋のカオスはいや増すばかりです。どうしよう。

>紗羅さん
だよねー、やっぱり修羅場になると部屋はものすごいことになるよね!
心強いわ。末永くその状態でいてね☆

>YASU
わかっちゃいるけど・・・ってやつよー。
でも、カオスの中にも秩序があってだね、これでちゃんと
どの本がどこにあるとかわかっているのだよ!!

ランカスタ | URL | 2009年02月11日(Wed)21:05 [EDIT]


デロンギくん~!
日本のうちで、はじめて親がデロンギくん買って来た時には、その名前がいとおしくてたまりませんでした。
火がでないし、石油も使わないから、すごい賢いです。
でも、それ以上に賢いのは、蘭華さんだと思います!

そのクリエイティブさ!!すてきです!!

yukky | URL | 2009年02月16日(Mon)22:28 [EDIT]


はじめまして

ランカスターさんはじめまして。私の出身大学の先生が、ランカスター大学大学院出身で、応用言語学を教えておられます。私も、10年以上の社会人を経て、また来年から、大学にもどり、大学院までいきたいと思っています。心をまっすぐにもって、人生生きなおそうと思います。

enen | URL | 2009年02月18日(Wed)10:08 [EDIT]


>yukky
ありがとう!!お褒めに預かり嬉しい。
デロンギ、何語由来なんだろうね?
「でろん」が愛しさを誘発する語感なのかなぁ。

>enenさん
コメントありがとうございます。
社会人を長く経験されてから大学に戻られるとのこと、いろいろな面でたくさんの迷いがあり、
勇気が要る決断だっただろうと想像します。
それでも学びたい、という情熱で進まれることが
本当に素晴らしいと思います。
どうぞお体に気をつけて、頑張ってください!

ランカスタ | URL | 2009年02月26日(Thu)19:38 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。