イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

寮の敷金

修羅場中の私のもとへ素敵なお知らせが!!

なんと、去年入っていた
寮のデポジット(保証金・敷金)の190ポンドが
そっくりまるまる返ってきましたーーーーーーーーーー!!!


190ポンドといったら大金ですよ!
今は為替がとんでもなく円が強いから値下がりしてますけど
それでも3万5000円くらいにはなります。
これだけあれば二か月半分の食費が!
(蘭華、エンゲル係数高いです)

ランカスター大学の寮の事務所といったら、それはもうがめついことで有名!

部屋にひとつ、画鋲をのこしていっただけで12ポンド
きれいにしていたはずの部屋で、「excessive cleaning代」として50ポンド。
とか、結構しゃれにならない額が引かれてしまった人々の話を聞いていたので、
フラットを明け渡す週には、みんなで(インド人抜き。とっとと帰りやがりましたから)キッチンの
徹底的な掃除をして、部屋のチェックをし合って、できるだけ
敷金がきちんと戻ってくるように努力したかいがありました。

おそらく一番重要なのは、寮に入った直後に提出する
部屋のinventory(設備品チェック表)です。
備品がある・ないだけではなくて、どんな状態か、傷がついていたらその傷がどんな形状かなど、
とにかくなにかあとから「あなたが汚したんでしょ」と言いがかりをつけられてお金を請求されそうなものをみたら、
「私が入る前に、もともとこの状態だった」ということを書き留めておかなくてはなりません。
そうでないと、あとで自由にされてしまいかねません。

それから、私たちのフラットは、5月のまだ寒い時期に毎週末のように
暖房とお湯が使えなくなってほとほと困ったので
みんなで「これは返金を要求すべきレベルだ」と団結して

「水道電気ガス代込みで寮費払ってるのに、毎週末使えないなんておかしい。
まだ寒いのに、勉強に集中できないじゃないか。金返せ。」

と署名運動を展開し、全部で一週間分の寮費の返金を勝ち取った実績もあるので
事務所側も「このフラットの住人には手を出さずにおこう。。。」とか思ったのかもしれません。

主張するって大事です。とくにこのイギリスでは。

よし、3万5000円に気をよくして酒でも買ってくるか(゜▽゜)
(注:修羅場中です)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

何なのこの5つの書き込み、ひどいね!!
この神聖な空間に入り込むな!!
今すぐ出て行け~!!!

あの寮なつかしいな。
みんなで協力して
(蘭華ちゃんがリーダーシップとって)
きれいに使っていたもんね。
今の場所も住み心地よいといいけど。

修羅場は過ぎたのかな?
私は書けずに毎日苦しんでるよ(><)
また時々コメントします☆

sae | URL | 2008年11月06日(Thu)12:55 [EDIT]


>saeさん
ほんと、スパムコメントは気を抜くと
すぐ溜まるから厄介だよー。
普段はもう少しまめに消してるんだけど・・

うん、ちゃんと綺麗に使ってた甲斐が
あったよ!
今の家も、実はちょっと問題児が1人いるけど
インド人にくらべたら可愛いものかなぁ。笑

修羅場は一息ついたけどまた新たな修羅場が
展開するところだよ!
修論もだんだん山場だよね。
応援してるー!煮詰まりすぎないようにね!!

ランカスタ | URL | 2008年11月07日(Fri)21:39 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。