イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イギリスのスキンケア事情

ランカスターで学生をしていた時も、移住した今も、地味に悩まされているの

が、日本とイギリスのスキンケアの違いです。
一言でいえば、イギリスには

保湿化粧水がほぼ存在しない

のです!

思えばイギリスに住むのももう合計4年半近くなりますが、探しても探しても見つからず…。
留学していたときは、日本にも定期的に帰っていましたし、
日本の家族から送ってもらったりして
ずっと日本で使っていたものを継続してこちらでも使っていましたが、
さすがにこちらに移住して、これからも長く住むであろうと思われるのに
現地調達できないのは不便だしお金かかるしなぁ、ということで
なんとかしようと思い立ちました。

とりあえず手始めに、郷に入っては郷に従ってみるか、ということで
義理家族の女性たちに詳しく聞いてみたところ、

夜:ふきとり化粧水でメイクオフ。洗顔はせずに、夜用クリームを塗って就寝。

朝:シャワーのときに洗顔料を使って洗顔。昼用クリームを塗って軽く化粧して出勤。


うそーん夜洗顔しないの!?気持ち悪くない!?( ゚д゚)

という回答が。
ちなみに、日本女性の一般的なスキンケアはおそらく:

1.メイクを落とすためのクレンジングをする
2.洗顔料で洗顔する
3.化粧水でまず保湿する
4.乳液、美容液、クリームまたはオイルなどでさらに保湿

というのが一般的だと思います(最近は、1と2を合わせた「ダブル洗顔」を
避ける風潮もあるようですが)。

いや、イギリスは乾燥するし、夏の気温も日本ほど上がらないし、夜に洗顔しないというのも
アリなのかもしれん…と思い、1か月ほどやってみました。

結果、鼻の頭に古い角質が落ち切ってないざらざらした感じがするのと、
ちょっとニキビができたりしたので、たぶん合わないのであろうと結論。
あと、ふきとり化粧水→すぐにクリーム、だとなんとなくスカスカした感じが
して、やっぱり保湿化粧水がほしいな、と思いました。

そこで第二段階、本当に保湿化粧水はないのかどうかを調べてみることにしました。
ただし、高価なブランドものは除外です。
身近にあって手軽にずっと買い続けられなければ
スキンケアの意味がないし、冬は特に乾燥するイギリスにあっては
化粧水をたっぷり染みこませたコットンパックだってしたいですから、
安価なのは絶対条件。
それから、私は匂いにうるさい人間なので、匂いがないか、または嫌な匂いで
ないことも絶対にゆずれません。

というわけで、主に試したのは、

・無駄なものを一切省いた無香料商品を作るSimple(安い)
・Body Shopのなかでも匂いのないアロエシリーズ(まあまあ安い)

の、tonerやmoisturiserと呼ばれる商品です(写真は一部のみ)。

skincare.jpg


結果は…

<Simple>
・Soothing Toner…弱いふきとり化粧水で保湿しない。不満。
・Hydrating Light Moisturiser…水ではなく、乳液っぽいので不満。
・Replenishing Rich Moisturiser…水ではなく、乳液なので不満。

<Body Shop>
・Aloe Calming Toner…匂いなし、保湿力は弱めだけど一番マシ。たぶんこれも本来はふき取り用。
・Pomegranate Invigorating Toner…匂い強め。店頭で嗅いだときは
大丈夫そうだと思ったものの、肌につけてみたらイヤな匂いになってギブアップ。
アルコール使用なので、保湿力はまあまあありそうな雰囲気だったがスーっとして不信感。不満。

ということで却下
写真にある、同じシリーズのクリームを使ってみたりしましたが、やはりちょっと不満でした。

じゃあもう最終手段だろ!
手に入らないなら作るまで!!


材料:
・精製水か、浄水機を通した水道水 100ml
・グリセリン 5ml

です。

精製水が見つけられなかったので、とりあえず今回は浄水器を通して
煮沸した(なんとなく)水道水を使ってみました。
グリセリンは、Bootsで「のど風邪」用の棚にあって、
200mlで£1.29(200円弱)。安っ!!
あとは、料理用の計量スプーンで5mlのがあったのでそれで計量。

glycerin.jpg


エタノール消毒した旅行用詰め替えボトルに入れて、振って混ぜるだけ。
終わり!!
(※消毒用エタノール(Surgical Spirit)も、Bootsで£4.59で買えました)

この105mlの化粧水、冷蔵庫保存で一週間で使い切るべし、とのことです。
香りづけのために、様々なエッセンシャルオイルをたらしてみたり
さらなる効果を狙ってヒアルロン酸などを入れたりすることもできるようですが、
とりあえずはこの「基本の基本」の手作り化粧水で満足できるか
試してみたいと思います。

もしこれで満足できたとしたら、ものすごい安価ですよ?
1回5ml使用するグリセリン、週に1度化粧水を作るとしたら
200ml瓶の中身が無くなるのには40週かかります。約10か月。
それが200円弱でまかなえるとしたら、すごいことです。
満足できたいところです…意志でどうこうできる部分ではありませんが…。

しばらく使ってみて、またレポートしたいと思います。乞うご期待!

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。