イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

指導教員として

再開しよう!と思ってまた数か月が経ってしまいました!
そんなに忙しくないはずなのに、なぜか日々がものすごい勢いで過ぎていきます。
日本の大学の仕事も、授業が終わり、成績も出し、入試業務も終わってほっとしています。

また、ランカスターの客員研究員(Visiting Researcher)の仕事も一区切り付きました。
今年度の仕事内容は、ランカスターの通信課程で言語テスト論修士号を取るために
勉強している学生の、いろいろな授業の課題の副査(second marker)と
集中講義担当@香港、そして修士論文指導でした。

授業の最終課題(大体5000語のペーパー)を採点するときに
first markerとsecond markerが二人でつけます。
First markerはその授業の担当者、second markerはその授業内容に
それなりに通じている人が割り当てられます。
大体、ペーパーは毎回20~30人分あり、second markerは必ずしも同じ人である必要はないので
2人いたり、3人で分けたりします。

採点もけっこう大変で、点数だけ出せばいいのではなく、
全体コメントと、詳細コメントを2~3枚の用紙にまとめてフィードバックします。
(ペーパーはWord形式で提出されるので、そのものに「コメント挿入」する人もいます)
なので、さら~っと読んで、「あ、大体このくらいね」というのではなく
かなりきっちり、しっかり読まなくてはなりません。

大変ですが、学生も一生懸命書いたであろう大事な課題ですから、きっちり読みます。
コメントも、「どう書いたらこの人にわかってもらい、次に生かしてもらえるだろうか」
と考えながら、励ましつつ、建設的な批評の文面を考えます。
このあたりは、また別記事で取り上げてみようと思います。

修士論文の指導では、今年は3人の学生を担当しました。
それぞれチェコ、インド、イギリスに居住。私は日本にいるので、
メールとスカイプミーティングを通しての指導です。
みんな言語テスト機関に勤めた経験から、それぞれの問題意識をもってすごく真剣に研究していました。

一人は事情により、締め切りを延ばしたのでまだ指導継続中ですが、
ほかの2人は無事に論文審査も通り、無事修士号取得の予定です。嬉しいものですね。
謝辞のところに、「指導教員の蘭華先生に感謝します」なんて書かれていると
立派な人になった気分…!

今年はほかに、ランカスターが香港で提供している修士プログラムで、集中講義型の
第二言語習得に関する授業もする機会をもらいました。
ランカスターの元指導教員が忙しすぎて、「蘭華なら地理的にも近いし、
都合がついたらやってきてくれないか」との依頼があり。

これもとてもいい経験でした。もちろん、例年使われている授業資料ももらいましたが、
自分が学部・大学院時代にとったノートや新しい文献をひっくり返して勉強し直すいい機会で、
いろいろなことを忘れていたり、説明がうまくできなくて反省したり…
ハードでしたが、学生は現職の英語の先生たちで、みんないい人たちですごくやりやすかったです。

これから、その授業の5000語の課題が提出されてくるので、3月後半はもうひと踏ん張りです。
授業でどれだけのことをうまく伝えられていたか、試される面もあるので、ドキドキしています。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。