イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まだまだ追い込み

けっこう連続していつまでも修羅場なこの頃。

まだまだ修正しなければならないところがあって
やばいです。
指導教員も、「もう終盤!」となると
読む目が厳しくなるみたいで、
もうダメ出しの嵐
一度読んでもらって「うんいいね」とOK出た部分にも
新たにダメ出しとか、ビシバシです。厳しい。

もしかしたら提出延びるかも・・・
でも、すべてはここに来るまでいろいろと
詰めが甘かった自分自身のツケです・・・。

でも、楽しんでいます。かなり。いや、すごく!
たぶん、博士課程に入って今までで一番(・∀・)
朝ちゃんと早く起きて、大学に行くのが楽しみに
できるというのは、自分にとってとても新鮮です。

自分の研究のニッチがはっきりして、ストーリーが
もうわかっているからでしょうね。
目指すところが明確だから、努力の方向が
見当違いでない、と確信できる。

そういう目で見ると、今まで
「大して関係ないんじゃね?」と思ってた
文献が、実はものすごく重要な鍵を握っていたり
とっても美しく先行研究をまとめてくれていたりして
新発見の連続です。
これまでにもこの感覚は経験したことがありましたが、
比較にならないくらいの「腑に落ちる度」です。

自分のレベルの上がり具合を実感できて
喜ばしくもあります。
とはいっても、やっとまともなPhD生らしくなったくらいの
レベルだと思いますが。達するの遅いよ。

一番衝撃的だったのは、
今年に入ってから
スピーキング研究では欠かせない、
母語のスピーキングプロセスモデルを構築した
Leveltの本、Speaking: From intention to articulation
中古で購入して(やっと!念願!)読んだら、
すっごくスラスラ読めたこと、ですかね!!

この本、日本にいたときに頑張って読破しようとしたけど、
全体的にしっかり絵をかけるような理解の仕方が全然できず、
途中で挫折したんでした。熱意とフォーカスが足りなかった。
それでそれ以来、「すっごく分厚い本」「難しい本」という
思い込みがこの本に対して付きまとっていたのですが、
こちらで買ってみたら、

やだー全然普通の厚さの本じゃん!
むしろ記憶(思い込み)より半分くらいの薄さ」
「いやーどうしてこんなにあの時苦労したんだろう?
超わかりやすい、面白い!」

と読めて、心底ビックリしたのです。

まあ、英語力も上がっているに違いないし
何よりも読むスピードだって格段に違いますし、
自分の知識量も増えたし、
あとは頭の整理がやっとついたからきちんとselectiveに読める、
ということなんだろうと思います。

すごいじゃん!人間いくつになっても進化するんだ!!

と思えました。

というわけで、忙しいし「あーーどうして今まで
詰めてこなかったんだろー気づかなかったんだろーー!!」と
後悔しきりではありますが、
今この時間をすごく楽しんでいます。
学生として指導をみっちり受けられるのもこれが最後。
楽しみつつ頑張ってます。

スポンサーサイト

PageTop

BAAL 2010終了

BAAL 2010@アバディーン大学、終了して無事に戻ってきました。

陸路(鉄道)で行くとかなりの距離でした…
ランカスターからエジンバラまで2時間ちょっと、
乗り換えてさらに北東方向へ2時間半。
乗り換え時間を含めると片道5時間くらいかかりましたね。
でも、エジンバラからアバディーンまでの海岸沿いを走る
車窓からの景色は素晴らしかったです。

発表も無事に終わり、去年ちょうど今頃TBLTでやらかした
(無知さが露呈した)ようなこともなく
なごやかに終わりました(;∀;)よかった!

この学会からは、学生スカラシップ(学会費が無料)を頂いていたので
「絶対去年のTBLTみたいにはなるわけにいかん!」と誓っていたし
研究も一年前に比べものにならないくらい進んだので、
突っ込まれてもdefendできるという自信もありました。

でも、内容を詰め込みすぎた感があって
オーディエンスの背景知識をどれくらいと推定するか、など
まだまだプレゼン面で改善の余地がありまくり・・・難しい。

日本でお世話になった先生方や先輩後輩、友人や
去年BAALで知り合った研究者の方々も
来てくださり、大変心強く発表することができました。
ありがとうございました!

博論が終わる前に発表するのはこれで最後(になるはず)です。
振り返ってみると、1年目から学内研究会で一学期に一回は必ず発表し、
2年目の後半でメインデータを取ってから
最後の一年とちょっとで、ポスターを含め合計5つの学会で発表できました。

学会発表する!となるとやはりきちんと進めるモチベーションになるので
面倒な書き起こしなんかも早く済ませなきゃ!という気になったし
要領の悪い自分なりに、良くやれた方だと思います。

さて、これで「外向け」のすべての肩の荷が下りたので、
とにかく書き上げです!
かなりしんどい作業なんですけど、実は今まで一番研究が楽しいと
思えています。
今までやってきたことが、先行研究と合わせて
どう辻褄が合っていくのか(または合わないのか)、それは何故なのかを
考察していく深みにハマっています。
ようやくそれなりに研究者らしくなってきたのかも。

これから冬なので(イギリスには「秋」はありません、いきなり冷えます!)
本当に健康管理を大事にしながらラスト二ヶ月ほどを
生き抜きたいと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。