イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

天井知らず、底なし。

ひとつ前のエントリーに書いた不安は、日本で博士課程に進んだときから
ありましたが、こちらに来て3年目に入ったことで、より切実に身近に感じられる
ようになり、弱気になること多々です。

でも、落ち着いて考えてみれば、日本で博士課程に進んだときは、
「就職はやっぱりまだしたくない、勉強が好きだと思う」
と思い、修士の間やっていた高校講師の職を辞したのでした。

高校講師の仕事は大変だったけど、すごく楽しくて、生徒に送別会まで
やってもらって、泣く泣く去ったんだった、あの時も大事な何かを
失くしてしまった気がして悲しかった。
二年経ってやっと何かがつかめてきたのに、ここで辞めていったいなにを
しようとしているのか?と不安でした。

日本での博論のテーマ、なんとなく決めたはいいけど方法論どうすんの?
というところで忙しさにかまけてほっぽり、他の人の役に立ってる!と感じることで
自分の存在意義を確認していたような頃も、やっぱり不安でした。

留学前は、慣れ親しんだ大学、家族、仕事仲間、友人、恋人と離れるので
寂しくて不安だったし、
こっちに来てから一年目も指導教員どーなんの!で不安だったし、
二年目は病気もしたしアップグレードできんのか?!で不安だったし・・・

単なる心配しすぎ、な面もあるのでしょうけれども・・・人生で
不安から抜け出せる日なんてないのかもしれません。
結局不安があるから頑張るのかもしれません。
なかったら直ちにただの怠け者に成り下がりそうです、蘭華。

今は今で、無事にアップグレードもして、本データもとって、
今度は評価者リクルートとネイティブデータの取得がうまくいくかの不安。
そして就職の不安。

んー、考えてみたら、不安は不安でも
とりあえず着実に進んでるじゃん、と思ったら、少し笑えました。

しかし、アレですね。
人間の欲って底なしですね。
私の今の状態は、たとえば私が4年前あたりにものすごーく夢見ていた状態なのに、
現実に手に入ってしまうと、やっぱりその位置からさらに上を見始めてしまう。

上を見始めたらキリがなく、すごい人の能力値はまさに天井知らずなので
結局、「ああ自分にはこれが足りない、あれがない、不安!!!」と思い始めて・・・
という、悪循環。
なんだか、自分は自分を追い込み足りないんじゃないか、とか思い始めて
自己嫌悪にも。

足るを知る。

が、今の課題かもしれません。
現状にちゃんと満足する。で、向上すべきところはもっと頑張る。
そして満足できるくらい頑張ったら、あとは運を天にまかせる。

のかな。

ふーむ。。




・・・とか、もんもんと考えてる間に
今週末締め切りの論文を書いたほうがいいよ私(@∀@)

スポンサーサイト

PageTop

Life is hard.

時の流れは早いもので、渡英して丸二年が経ちました。

イギリスに来て、自分が変わったなぁと思うのは…

・我慢強くなった。(「非効率」に対して諦めの境地に至った?)
・打たれ強くなった。
・「まず自分で調べてみよう」という姿勢が育った。
・物欲が激減した。まあ、貧乏ですしね…。
・身綺麗にしなくなった。化粧?なにそれ食えんの?状態。
・田舎暮らしも悪くないと思えるようになった。
・外で得られる娯楽が少ないので、ますます引きこもりになった。

一言でいえば、変人街道まっしぐら
なるほど学者という人種が変人といわれるのはこういうゆえんか、と
実感する日々。

でも正直、どうしようもないほど世間ズレするのも仕方ないライフスタイルですよ
本当に。

日本の同年代の友人は、しっかり仕事して、転職に成功したり、
昇進したり、結婚したり、子が生まれたり、家の購入を検討したり、
世の中の人が踏むであろうマイルストーンを着々と踏んでいるというのに
私ときたら…。

博士号が無事取れる頃には三十路に突入するというのに
フルタイムの仕事経験は皆無だし、
物欲が撤退せざるを得ないような切り詰め生活だし、
結婚・出産なんて光速距離の彼方にあるイベントですからね…。

こちらの博士課程に来て、もう二年も経っちゃったのかー、
早かったな、楽しかったなと思うのと同時に
この二年間でいったい人生の何を達成しただろうか、と
虚しくなるときがあります。

お金を稼がず、誰に認められるわけでもなく、
額に汗して食料をつくらず、新しい家族をつくるでなく、
何も生み出さず。
こうしている瞬間にも、「若さ」は砂のように
指の間から滑り落ちていくのに。

博士号をとっても、専門分野の仕事に就ける保証があるわけでもなく
「きっと就けるはずだ」という、なんとも心もとない思い込みのもと
進むしかない日々。
就けなかったら、ろくな職務経験もない三十路です。
救いようがないですね…

ここはさすが世界レベルの言語学部だけあって
先輩もレベル高いです。
PhD論文書いてる間に国際誌に載ってる人とか、
私は博論書くだけでいっぱいいっぱいなのに
なんでそんなにすごいのか。
どうして自分はこんなにできないのか。

この焦燥感、劣等感、孤独感、プレッシャー、涙、汗が
報われる日は来るのか。
この暗闇から抜け出せる日が来るのか。

真面目に考えると悲しくなるので、このあたりに思考が至ったら
「とりあえず研究すすめよう…」と、録音データを聞いたり
書き起こしを手直ししたり、地味な作業をします。

今は、「頑張れ」という言葉が一番聞きたくないです。
誰に言われるまでもなくよくわかっています。
頑張っていないわけじゃありません。

どれだけ頑張っても、消しようのない不安。
頼れるのは自分だけ。
でも真の敵も自分。

好きなこと(=言語に関わること)だけして生きたい!と
選んできた道ですが、生きるって難しいんだな…。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。