イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

On my way to full recovery

一ヶ月以上も更新を休んでしまい、
とうとう忌々しい広告が冒頭を飾るように
なってしまいました・・・。

この一ヶ月、「蘭華は試験の準備で忙しいに違いない」と
激励や心配のメッセージを送ってくださった方々、ありがとうございます。

実は、ここしばらくは、研究よりも健康を害して臥せっていました。

いろいろあった10月中旬から不眠・食欲不振が続き、
そのために11月はじめから風邪をひき、かなりひどくこじらせました。
ここまでなら想定の範囲内なんですが・・・
ここで免疫システムがうまく働かなくなったのでしょう。

11月中旬には人生初の膀胱炎を患い、
イギリスで医者にかかるもはかばかしく治らなかったために
それが腎臓まで行ってしまい、
12月はじめから腎盂炎を患いました。
(リンク:腎盂炎とは

発症したのが金曜の夜だったので、
ものすごい悪寒、40度の高熱、体の痛みなどに2日間悩まされながら
翌月曜に医者にかかったら判明しました。

初期症状はインフルエンザと共通するものが多かったので、
インフルエンザだったらイギリスじゃ大した薬もらえないし
医者にかからなくてもいいかな・・・と思っていましたが、
このときばかりはかかってよかったです。
かかっていなかったら、敗血症悪化で死んでいたでしょう。

今は、長いこと抗生物質を飲んだせいで
胃腸やほかの部分が機能低下して具合が悪いですが、
腎臓の痛みもほとんどなくなり、腎盂炎についてはとりあえず
もう大丈夫かな、という感じがしています。
また年明けに医者にかかる予定ですが、
今は療養を続けるのみ。
さすがにすぐ疲れてしまうので
できるだけ外には出ず、静養しています。

やっと食欲と、文章を構成する頭が少しずつ戻ってきて
PCの前に座れるようになったので、
記事も書けるようになりました。
凍結状態だった研究も、これから少しずつ再開できれば
と思います。


折りしも、先日亡くなった飯島愛さんが二年ほど前に
腎盂炎を患って芸能界を引退した、ということで、
この重篤な症状が慢性化していたとしたら
確かにお仕事を続けるなんて無理、
さぞかし苦しかっただろうな・・・と思います。
ご冥福をお祈りします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。