イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

近況

すっかり忙しさにかまけて更新頻度が落ちまくっています・・・
すみません。

金曜から日曜にかけて、言語テストの小規模な学会、
というかフォーラムへ行ってきました。

去年はレスター大学でしたが、今年は北の持ち回りだったそうで
ニューカッスルにて(ランカスターより北東)。

寒かったです。しかも雪降りました・・・(゜д゜)
そして泊まったのはユースホステルだったんですが
部屋の窓がちゃんと閉まらなくて寒すぎて
コートとセーターをふとんの上からかぶって寝ました。
ああ貧乏学生。早くちゃんとホテルに泊まれる身分になりたい。。。

このフォーラムは、参加人数がだいたい毎年30人程度と
本当に小規模です。
パラレルセッションはなく、すべての発表を全員が聞く形です。

参加する人は本当に高名な先生方や新進の研究者が大半で、
あとはつながりのある院生がちらほら、という感じの
内輪色の強いものです。

もったいない感が否めないので、
「もっと大々的に宣伝しないんですか?」と先生の1人に聞いたら

このフォーラムみたいに、競争的な雰囲気のない、
インフォーマルな機会は本当に貴重なの。

だから参加人数を多くするような宣伝は避けるようにしているのよ。」

とのこと。

そうか・・・。
高名な先生になって、いくら競争的な学会を生き抜いて
ゆるぎない地位を得た人でも
やっぱり暖かい雰囲気で心置きなく聴衆に投げかけたり
議論を求められる場所は必要なんだなぁ。

私自身は、フォーラムでは関連のあるトピックを研究しているPhDの人や
先輩と知り合いになれてすごく勉強になったし、
今年は指導教員が車に乗せていってくれて
いろいろ話もできたので(楽だったし!!)
去年よりもずっと楽しめました(^∀^)
そして「来年は発表するんだぞ」と釘を刺されました。
ハイ。頑張ります。

そんなこんなで、蘭華はなんとか元気にやっています。

実は、博論のトピックに少々変更があって
恐怖のupgradeは1月末~2月はじめにずれ込む予定になりました。
でも、この冬休みに頑張っていいものを書いておけば
メインデータの取得の時期はずらさずに済みそうなので、
そこだけは一安心です。

この1ヶ月で学内の研究会で二回発表してフィードバックをわんさかもらったり、
来年秋の学会発表申し込みをしたり、
なんだかやっと本格的なPhD学生のような感じがしてきています。
ようやく、先行研究の海の中で、自分の立ち位置というか
ニッチがうっすらと見えてきたような気がして
嬉しくもあり、まだ恐くもあり、です。

スポンサーサイト

PageTop

ハロウィーン

ここ一週間、ひどく風邪をひいてダウンしていました・・・。

先週末から4日間、日本から母と弟が遊びに来ていたのですが
イギリスの気候により慣れているはずの私だけが
風邪をひきました。
情けなかったです!!(T∀T)ノ
(でもそろそろ治る見込みです)

さて、去る10月31日はハロウィーン。
イギリス人のハウスメイトに連れられて仮装パーティーへ!

白い布を買い込み、ちくちくと費やすこと数時間、
立派な貞子ならぬSamaraの出来上がり!

DSCN2244.jpg


一緒に写っているのは友達の友達です。
こういうメイクが似合うのってやっぱり外人だからなんだろうなぁ。
いいなあ。

私は衣装を作り終わったのが夜中の2時くらいだったんですが
それから試着して、髪を前にたらして鏡を見たときは
我ながら相当怖くて、1人部屋で試着したことを激しく後悔しました。

そして気合入れて目の下のクマの化粧をした割には、
髪をずっと前にたらしていたので意味がなかったという・・・


パーティー全体の仮装の質としては、
期待したほどではなかったというのが正直なところです。

まあ、スーパーとかで安い衣装を買って済ませたり、
全然関係ない海賊の衣装とか着ている人もいたので
そんなもんなのでしょうね。

でも楽しかったです!
Samaraの仮装をちゃんと認識してくれた人もパーティーにいたので
たいそう満足でした★

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。