イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

南仏旅行2日目

引越しでちょっと間が空きましたが、南仏旅行の2日目。

この日は日曜日で、他の都市へ行くための電車やバスなどがあまりなかったため、
思い切って奮発して、南仏の小さな村中心に見所をまわってくれる
1日ミニバスツアーを予約していったのでした。

ピックアップの車が時間より遅れてちょっと不安だったけれどちゃんと来た。
運転手兼バスガイドはキャロリンという若い女性。
明るくとっても有能なガイドさんで、本当に当たりだった!(^∀^)

まず、L'isle-sur-la-Sorgue(リル・シュル・ラ・ソルグ(ソルグ側の上の島))という村へ。
ここは、日曜に立つアンティーク市が有名。
私たちにはアンティークはよくわからなかったが、古そうな銀食器や時計やら
お皿やらを見て、「執事っぽ~い!」「ヨーロッパって感じ~!」などと騒ぎながら
進んでいく。
アンティークだけではなく、もちろん食べ物や服、布などの市も立っているので
それもばっちりチェック。
めいめいニンニクペースト、プロヴァンスハーブの詰め合わせ、サフランの粉、
チーズ、ラスクなどを買う。これからの夜の晩餐のためなのだ!(*・∀・*)
鶏があぶられていて、その油が下に敷いてある野菜もこんがりとしっとりと
調理していくという垂涎ものの視界を展開してくれた屋台で足を止め逡巡するも
まだ11時にもなっていなかったので断念。えらすぎる。

とてもよい天気で、まさに「南仏日和」といったところ。
長袖しか持ってこなかった身では汗ばむくらい、ぜいたくな陽光と陽気である。

次はラベンダー博物館へ。
背が低く、一本しかない茎に上下に連なって濃い紫の花が咲く「ラベンダー」と、
背が高く、茎が3本に枝分かれして花が連なる「ラヴァンディーン」の区別を
教わる。
「ラベンダー」はプロヴァンスでしか取れないのだそうだ。
世界中のほかの地域で咲いているのは「ラヴァンディーン」であり、
彼らに言わせれば「ニセモノ」らしい。
香りはラヴァンディーンのほうが圧倒的に強いので、香料や香水に
使われるが、薬効があるのはラベンダーのほうのみなのだそう。
へぇ~へぇ~へぇ~!
でも残念ながら、私はラベンダーの香りがいまいち好きではないので
早々に外へ出て待機。すいません・・・

次の街はRousillon(ルシヨン)。
オークル(赤土)のとれる街。建物もすべて赤みがかった壁を持つ。
言い伝えによると、ルシヨンの王様は狩りばかりして王妃を省みなかったので
王妃が愛人を持つことにしたところ、王様はその愛人を殺してその心臓を料理して
王妃に食べさせたそうな。
そのことを食べたあとで知った王妃は自殺、その血と心臓を抜かれた愛人の血が
ルシヨンの土を赤くした・・・のだそうだ。

なんてbloodyな言い伝えなんだ!しかしなんだかフランス人らしいような気も!
キャロリンは「これは言い伝えだけど嘘だから!本当じゃないから!」と懸命に
フォローしていた(笑)。
しかし、王妃に浮気されて、復讐したら死なれてしまい、挙句の果てに
王妃と愛人の血のせいで自分の国の土が赤くなったなんて言われたら
王様は踏んだり蹴ったりだな~と思ったり。。残酷だから仕方ないのか。

次はGorde(ゴルド)。まさにラピュタのような外見の町。
DSCN2146.jpg

写真からもわかるように、坂道だらけの小さな町だったが
石造りでとても風情があった。
ここの美味しいと評判らしいパン屋さんで、明日の朝食用にキッシュやパンを買い込む。
ラムレーズンのアイスを食べて満足。

次は、ローマ遺跡の門の跡を見に行った。
これが日本語のガイドブックを読んでもどこの町の近くだったのかわからない。
凱旋門の縮小版のようなものが、いきなりぽつんと現れる感じ。
あまり感動しなかった。

次はLes Baux、岩造りというか石造りの狭い城壁が入り組んだ通路に立つ町。
公衆トイレが和式(そしてぼっとん)だったので驚く。
周りの外人たちは出てくるときになんだかこわばった顔をしていた。
町は観光化しているようで、おみやげ屋さんがところ狭しと並んでいる。
かわいい布や明るい色使いの陶器・お皿の誘惑に負けそうになるも、
「重いよ!」「これから縫い物してる場合じゃないよ!」と冷静になり
なんとか耐える。

最後はPont du Gard。ローマ兵が5年の歳月をかけて作り上げた橋だ。
ローヌ川に併走するガルドン川にかかる。4世紀くらいのもので
今は真ん中の通路しか通れないが、高く大きくがっしりしている。
今でもふざけて飛び込む人が後を絶たないそうで、まぁそのへんは
世界共通の現象なんだなぁ。

DSCN2149.jpg

合計10時間の充実したツアーを終えてアヴィニョンへ帰還。
キャロリンに教えてもらった、おいしい南仏料理を出してくれるレストランLutrinで食事。
ワイン、鶏(朝市で見た甘美な風景が忘れられなかった)、
魚のスープ、ニース風サラダを頼む。うまうま!

DSCN2165.jpg

帰りは9時をすぎ、もうバスもなかろうというのでタクシーで帰る。
まったりと買い込んだワインを味わいながら語るうちに夜が深くなっていく。

スポンサーサイト

PageTop

引越し完了

無事に荷解きを一通り終え、引越しを完了しました!!
寮からはバスで10分もかからない近場での引越しでしたが、大変でした!!!

金曜の夜に移動してきたのですが、荷物ほどきのまもなく疲れてバッタリと倒れこみ、
土曜は夕方からキッチンにいたらハウスメイトの友達が来訪、そのまま夜中まで飲み倒し。

今日こそ荷解きしないと勉強できん!!と、
気合をいれて整理やら家具の配置しなおしやら、してみました。

結果、寮に入ったとき作ったダンボール家具はすべて不要であることがわかり、
名残を惜しみつつもサヨナラすることにしました。
あっても場所とるだけだし、必要ならまた作れるし。

現在こんな状況になっています。

窓側
DSCN2166.jpg

窓の左側をドアのところから
DSCN2167.jpg
左下に一部見えているのはすごい量のゴミです。
処分が大変だ・・・

私の今度の部屋は、スペース的には寮の部屋より広く
窓も大きいので光がたくさん入ります。
が、忙しい通りに面しているのでその分うるさいです。
窓は二重窓なんですけどね・・・
寝るときに耳栓が必要です。

今まで静かな寮にいたから、それもあってすごく過敏に反応しているのかも
しれないのですが。


でも、お風呂場は綺麗でバスタブはばっちりあるし、
それとは別にもう1つシャワールームがあるし、
4人で住むにはすごく好条件です。

お湯もたくさん出るし、キッチンは綺麗だしで
ほかの部分は言うことないです。
ハウスメイトもみんなちゃんとした人のようで
一安心です(インド人いないし!)。


リビングの様子。
DSCN2168.jpg

キッチンの様子。
DSCN2169.jpg


さ、勉強しないと!!

PageTop

寮の引き払い&引越し

いよいよ明日から正式に新しいおうちでの契約が開始します。
引越しは明日の夜。うはー。大丈夫だろうか。

寮の引き払いは明後日の朝10時です。
それまでに、敷金(190ポンド)がなるべく全額戻ってくるように
すみずみまで綺麗にしないといけません。

まあそんなこんなで、昨日は寮のフラットにまだ残っている4人で
キッチンの大掃除をしたのです。
棚を磨き、冷蔵庫の中を綺麗にし、出窓のしみを落とし、
カベを磨き・・・

大掛かりな掃除でした。でもおかげでぴかぴかになりました!
これで敷金から大幅に「掃除代」とか言って引かれたらどうしてくれよう。

そしてその過程において、出るわ出るわ

インド人が残した、洗っていない皿や調理器具の数々。
インド人が残した、超クサいスパイスの数々。
インド人が残した、賞味期限を2ヶ月くらい過ぎてる食品の数々。




捨ててけよ!!(#゜д゜)

私が南仏に行っている間に奴はインドへと永久にお帰りあそばしたわけですが、
その間もいろいろやらかしたらしい。

私たちのキッチンは、7人シェアなので毎日掃除のおばさんがゴミ袋を2袋分だけ
処分してくれることになっているのです。

奴が自分の部屋から出したゴミ、全部で8袋以上

2回に分けて、4袋ずつキッチンの床においておく。

掃除のおばさんはもっていくわけがない。

ゴミが2袋以上になるときは、フラットの外に出て目の前にある
ゴミ集積所にぽいっと捨ててくればいいだけです。
インド人、それをしない。

見かねたフラットメイトの1人が、一度は「持っていけよ、これお前のだろ」
といって持っていかせたそうです。

で、二度目、同じことがおこったとき、また別のフラットメイトが
見咎めたときの会話。


「このゴミ袋全部あんたの?」

「そうだよ」

「掃除のおばさんがこれを持って行ってくれるわけないって知ってるよね。」

うん。」






普通ここで、あきらめてインド人が外にゴミ袋を持っていくのを期待しますよね。
それが常識というものです。たぶん世界的に。

しかし、そこはさすがトラブルメーカーインド人、

奴は去った!!!!!!!
ゴミ袋をそのままにして!!!!!!







えええええええええええぇぇぇぇえええええええ(@д@)

間接言語行為(リンク)、逸脱しまくり!!!


結局他のフラットメイトが捨てに行く羽目に。

なぜに、25の大の大人のこんな尻拭いをせにゃならんのだ。

しかも、奴が使っていた棚なんて、しみだらけーの鍋のあとつきまくりーの、
掃除が大変だった!(`д´)




あああぁぁぁもう。
タバコの害やらパーティーの騒音やらで迷惑かけられっぱなしのうえに
最後もこれですからね。
これで、お国に帰ったら出世街道まっしぐらなんて許しがたい・・・


一言いいですか。

過剰般化がよくないのもわかってます。
大人として、大人げないのもわかってます。

それでも!!




インド人、ほんっとサイテー!!ヾ(`□´)ノ

PageTop

南仏旅行 1日目

無事に旅行&学会を終えて帰ってきました!

南仏は、太陽いっぱい・美味しい料理・美男美女(←大事)いっぱい、と
まさに夢のようなところでした。
やっぱり陽光って素晴らしい、としみじみしました。
セレブが別荘を欲しがる気持ちもよくわかる。
イギリスは逆立ちしてもかないません!!

さて、今回はゆる~く日記をつけていたので、
第1日目からレポートをば。

9月6日、出発日。

大学→(バス)→ランカスター駅→(鉄道)→リーズ駅→(バス)→リーズ・ブラッドフォード空港

そしてそこからアヴィニョン空港まで飛ぶというスケジュール。

しかししょっぱなから運が悪かった。
別の路線のバスの運ちゃんにだまされ、こない路線のバスを待った挙句
結局タクシーで大学からランカスター駅へいくことに。
バスで行けば1.30ポンドですむところを6.7ポンドも支払う羽目に。
くそー!(`д´)運ちゃんひでぇよ!!

なんとか間に合い、電車に乗ったあとは乗り換えもスムーズにいき、
無事にリーズ駅から空港へ向かうことができた。
初めて使う空港はいつでもなんとなくドキドキだ。

格安航空会社のJet2による、15:00発の飛行機に乗る予定だったので
規定通り2時間前には余裕で空港に着いてチェックインし、
14:30までにはゲートに着いていた。

しかしゲートに到着したら、出発案内画面には

「17:15に出発延期」

の文字が。

ええええええええええええええええええ!!
いきなり二時間以上延期っすか!!(゜д゜;)


しかも理由が、「予定されている機体の到着が遅れているから
で、もうなんともしようがない。
他のパリ行きの便なんかも大幅に遅れているみたいだ。
いくら格安だからって二時間はないぜ・・・しっかりしてくれよぉ~。

Jet2からはお詫びとして、ゲート前のバーから1杯のフリードリンクをもらえる
バウチャーが出たらしいが、それ以降のアナウンスをよく聞いていなかった私は
もらい損ねた。

二時間以上待つには、できるだけ軽くした手荷物だけでは足りない。
結局、本を2冊買った。12ポンド。ぐはっ。

一冊は、イギリスの有名なコメディアンの
ラッセル・ブランド(わりと下品)による自叙伝(これまたかなりの暴露本)、
もう一冊はジョン・グリシャムの"The Innocent Man"。

この二冊は、旅の途中の待ち時間や、1人になってからの寝る前の読書時間に
ものすごくお役立ちだった。
日本にいたとき洋書を読むのは苦痛だったのだが
(日本語で読むほうがはるかに速いので)
これで普通に読むことが出来るようになったみたいだ。
けがの功名というやつ?

同じくイギリスから南仏へ、別の空港から飛ぶ予定の友人の飛行機も
遅れていたので、電話やメールもしたりしながらしのいだ。

結局、無事に乗れて離陸したのは18時。3時間遅れ!!
到着は南仏時間で21時を過ぎた。

友人と無事アヴィニョン空港で合流でき、ほっと一息。

アヴィニョン空港は小さく、タクシーかレンタカー以外に街中へ出る手段が
まったくないので(驚)、タクシーを呼んでもらって宿へ向かう。

今回の宿はアパートメント形式のホテル。
つまりキッチン・冷蔵庫・調理台付きの、生活型の滞在ができる。
しかし、21時を過ぎたらいくらなんでも周りのスーパーも営業していないので、
「1日目の夜からいろいろ買い込んで飲んだくれよう!」という
私たちの夢の計画は頓挫した。Jet2め!

宿の周りにレストランなどもなく、結局
友人が持ってきてくれたポテチやサラミなどを食べて、この日は就寝。
なんだかんだ、待ち時間が長くて疲れていたので、すぐに寝付いた。

DSCN2141.jpg

PageTop

南仏いってきます

10~13日まで、大きな学会が開催されるので
ちょっと早めに明日から南仏へ行ってきます!

7~9日は南仏観光。
そのあとは学会。
順序が逆なような気もしますが

はじめてユースホステルを利用することになります。
だって安いんだもん!
(一泊17ユーロ=約3000円)
ホテルだったらどんなに安くてもその倍以上はします。

そして飛行機会社は往復ともに格安、
行きはJet2、帰りはかのRyan airです!
いろいろと楽しみな旅です。

いってきます!(^∀^)ノ

PageTop

引越し準備

気づけばもう9月!!(゜д゜)

時の流れの速さたるや、恐ろしいものがありますね。。

とりあえず、自分の研究の修羅場は昨日、一息つきました。
しかし次のスパビはあさって!!
つかの間の文献整理し放題・料理し放題期間です。

修羅場になると、手当たり次第論文で床が散らかるうえに
きちんと元に戻さないので、整理しないと次の修羅場で泣くことになるのです。

それから、今月下旬から正式に住む、新しいおうちへ移るときも
めちゃくちゃにならないようにしないといけないのもあります。

まあ、この一年で文献の増えたこと増えたこと・・・
論文だけで軽くダンボール3箱分はありますね。
本も20冊以上買ったし・・・
ものっすごく重い。
これからもこれは増えはすれど減ることは絶対にないので、
先が思いやられます・・・

とりあえず今は、寮の目の前に止まって、かつ新しいお家の前に止まるバスに乗って
今使わない本とかセーター類をちょこちょこ移しています。

でも、来週は学会でフランスへ行くので引越しまで時間が
あまりないのでした!

けっこう大変なことになりそうです。
1人分の荷物しかないのになぁ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。