イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

相変わらず寒いです

7月上旬ももうすぐ過ぎるというのに、ランカスターはまだまだ寒いです。

最高気温18度、最低気温12度くらいなのですが
まだ長袖にセーター、ジーンズの下にはタイツが必要です。
外に出るときはそのうえにもう一枚羽織ります。
(さすがにコートじゃなくても大丈夫にはなってきましたが)

なのに、7月に入ったからって暖房切られるし。
寒いよ!!(((((((((((>д<;)))))))

こりゃー、本気でこちらにいる間は半袖はいらないと思われます。

東京は現在・・・最高気温27度、最低気温22度だそうで。。

早く帰りたい・・・
半袖着たい・・・(TдT)

スポンサーサイト

PageTop

持って行くと良いもの2

留学に持っていくと良いものその2。

洗面用具・・・洗顔石鹸、化粧水、オイルなど。
基礎化粧品はやっぱり慣れたものを使うのが良いです。
外国に売っているものは、成分も英語だしわかりにくいのと、
肌に合わなかったらどんなことになるか怖いし、
何よりもびっくりするほど香料がきつかったりしますからね・・・(-д-;)
あと、女の子は日常用の日焼け止めも日本製がいいと思います。
理由は同じく、香料がきついから!!
クサイからー!(T∀T)日本人そんなに体臭ないからー!!と叫びたい。

・レジャーシート・・・公園に行くときや、学内の芝生でバーベキューをするときなど
こちらの人は直に座ります。それはちょっとなぁ、と思う人は100円ショップで2m四方くらいのを
荷物に詰めても良いかもしれません。
こちらでは売っていません。
ちなみに私は、部屋で床に座ってストレッチをするときなども敷いてます。
じゅうたん張りだし、寮なので先人がここを土足で歩いただろうと思うとね・・・

S字型フック(数個)・・・特に寮に住むなら、収納(特に大きめのもの)は
あまり多くありません。
私はリュックやバッグの収納は、棚やクローゼットの中にフックをひっかけて
吊るしてます。


少ないけど思いついたのでメモ。

PageTop

今年のまとめと今後の予定

もう7月となってしまいましたね・・・
こちらでは3学期目が終わり、大学の規定の「一年」が終わってしまったことになります。
早っ!!(@д@;)

蘭華は一昨日、今学期最後のスパビを終えて
一時的に修羅場から脱出♪

しかもあと10日ほどで、夏の一時帰国です!
うれし~い!楽しみ~!(*^∀^*)

でも、これからまだお仕事や方々へのご挨拶や
もちろん、日本での資料集めもあるので気は抜けません。
1つ終わるとまた新たな課題が出てくるので、
つねに追われるような感覚に襲われています。
オンとオフの切り替えがしっかりできたらいいのに・・・と思うけれど、
もともと要領悪いし、きっとこれはもう研究を志すなら
すっぱりと諦めたほうが良いのだろうなぁ。

この一年で学んだことは:

・理論の大切さ
・自分の知りたいことを念頭に論文を読まないと内容は右から左へダダ漏れ
(今まではこればっかりやってました、そのためこっちに来てから再度読み直しに
なった論文の多かったこと・・・)
・使うツールには緻密な検証が必要なこと
・先行研究をあれこれ読んでまとめる面白さ


でしょうか。
もちろん、日本でも英語で修論を書きましたから
だいたい経験していたのですが、今から考えると
なんて穴だらけのものを書いたのか、と恥ずかしい限りです。
いろいろな意味で詰めが甘すぎました。

あれこれ思い返すと、本当に赤面ものですが
こちらに来て、冷静に省みられるようになっただけでも成長した!ということで
自分を励ますことにしています。。

今後の予定としては、

・8月末までに、upgrade panelに向けた先行研究レビューを書いて提出(20ページほど)
・パイロットデータの受け取りと初期分析着手
・9月頭に指導教員たちとミーティング(スパビ)、レビューのフィードバックをもらうのとともにパイロットデータの分析の方向性を相談
・10月・11月で分析、先行研究レビューの洗練、研究会での発表
・11月か12月頭にupgrade panel

という感じ、とこの前のスパビで打ち合わせてきました。

Upgrade panelというのは、博士課程に入ってから1年~1年半の間に
博士論文の基礎となる先行研究レビューとパイロット研究(合計50ページくらい)を執筆し、
それを元に「この学生は博士論文を書く力量があるか」を問われる
面接試験?のようなものです。

1度ダメでも、書いたものを改定して、2度目に臨むことが可能です。
しかし、それでもダメだったら、そのテーマで博士論文を書くことは不可能になります。
つまり、博士号をとるためにものすごい大事な試験なのです。
そして、ダメだった人の話もちらほら聞きます。

今から戦々恐々・・・。
日頃お世話になっている、1年上の先輩はすでにめでたく合格されているので
彼女の背中を追いかけつつ頑張りたいと思います。
しかし、背中が、ま、まぶしい・・・!!!(つд<)


とりあえず・・・

何に着手するよりもまず、修羅場でちらかりまくった
部屋の整理からはじめよう!!(・∀・)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。