イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

持って行くと良いもの2

留学に持っていくと良いものその2。

洗面用具・・・洗顔石鹸、化粧水、オイルなど。
基礎化粧品はやっぱり慣れたものを使うのが良いです。
外国に売っているものは、成分も英語だしわかりにくいのと、
肌に合わなかったらどんなことになるか怖いし、
何よりもびっくりするほど香料がきつかったりしますからね・・・(-д-;)
あと、女の子は日常用の日焼け止めも日本製がいいと思います。
理由は同じく、香料がきついから!!
クサイからー!(T∀T)日本人そんなに体臭ないからー!!と叫びたい。

・レジャーシート・・・公園に行くときや、学内の芝生でバーベキューをするときなど
こちらの人は直に座ります。それはちょっとなぁ、と思う人は100円ショップで2m四方くらいのを
荷物に詰めても良いかもしれません。
こちらでは売っていません。
ちなみに私は、部屋で床に座ってストレッチをするときなども敷いてます。
じゅうたん張りだし、寮なので先人がここを土足で歩いただろうと思うとね・・・

S字型フック(数個)・・・特に寮に住むなら、収納(特に大きめのもの)は
あまり多くありません。
私はリュックやバッグの収納は、棚やクローゼットの中にフックをひっかけて
吊るしてます。


少ないけど思いついたのでメモ。

スポンサーサイト

PageTop

日本から持っていくと便利な物

蘭華が約9ヶ月暮らしてみた経験から、
日本から持っていくといい物リストを挙げてみます。


爪切り・・・こちらではツメやすりやニッパーのような形状のものを売っています

耳かき・・・綿棒で耳かきをするのがイヤな人はぜひ。

スリッパ・・・こちらでは、室内履きは靴状です。運がよければ日本のスリッパ型にも出会えますが、一足1000円くらいして高いので、西友などで300円程度で買ってしまうのがオススメです。 渡航時の長時間フライトでも活躍するので、機内持ち込み手荷物で持っていくとよいかと。ちなみにないと、冬場は靴を脱いで靴下だけで部屋にいるのは相当辛いです。

印鑑と朱肉・・・「使わないだろうなぁ」と思いながら持っていきましたが、けっこう使いました。奨学金関係の書類や、日本からお仕事を受けるとき、契約書などは郵送なので重宝です。一応安心のために。

変圧器・・・240V(イギリスの電圧)を100V(日本の電圧)に変えるものです。CDプレーヤーや携帯ゲーム機、デジカメの充電など、まずほとんどの留学生が必要なものだと思います。どっしり重たいですが。

・コンセントの形状変換器・・・上の変圧器をさして使います。イギリスでは3つ穴(長方形の穴が三つ、BF型)なので、二つ穴の日本のコンセントに対応した電化製品を使うときはこれがなくてはなりません。

ちなみに、下のようなタイプの変圧器は、コンセントの形状変換器を
複数タイプ内蔵しているので
便利だと思います。特にイギリスは、ヨーロッパに出ることも多いし
いちいちその国に合わせた変換が必要だと面倒なので。

文房具・・・シャーペンと芯、ホッチキスと芯、セロテープは必須。こちらでも売っていますが、質が悪いのなんのって・・・(@д@)イギリスのホッチキスのやる気のなさはビックリしますよ。5枚でヘタリやがりますからね!

・・・イソジンうがい薬は必須です。日本からイギリスに来た留学生は、まず冬場で一度は喉をやられるという噂です。乾燥がひどいからです。私も今まで二度ほど痛めました。他にも、胃腸薬や頭痛薬などは日本から体質に合うものを持っていきましょう。特に、イギリスの場合は「熱出た!病院行こう」といってもすぐに医者に会えない制度(予約制、数日~一週間待ちはザラ)ですから、かなり自然治癒力頼りです。

マスク・・・薬屋に足を踏み入れないからかもしれませんが、マスクを見たことがありません。している人も見たことありません。でも、喉を痛めているとき、寝るときに着用したほうが楽です。


とりあえず今のところ思いつくのはこんなところでしょうか。
何か足したいものがあったら随時書き出しますね。

PageTop

留学保険

1年以上の海外留学をする際、大事なのが保険のこと。

しかし、イギリスの医療制度NHSは、正規留学生として来英し、
最寄の診療所に登録を済ませれば
外国人でも無料で医療サービスを受けることができます。

「どこの国へ行くにも、留学生は現地人と同じ税金を払うわけではないので
医療サービスを受けるとなるとどうしても不利になる」というのが
固定観念としてあったので、これは意外でした。

迷うのは、「医療費タダなら、日本からの保険いらなくない?」
というところです。

慣れない海外生活を送るうえで、通常一番心配なのが
医療サービスが安心して受けられるかどうかですが、
イギリスに留学する際はその心配はいらないわけですし…

しかし、NHSにも欠点が。
それは医者に会うための予約を入れて実際に会えるまで
待ち時間がわりと長いこと。
数日ならまだしも、ひどいと2週間先なんてことも。

日本のように、「あ、具合悪い、じゃあ保険証もって
最寄の内科のお医者さんに」と即日行ける状況ではないのです。

でも大抵、風邪ひいたくらいでほっといても人間死なないよねと思うのと、
でもいきなり急性なんとかで手術が必要だったりするとき、
プライベート(=自腹、保険に入らなければちょー高くて無理)の
病院サービスを受けるという選択肢がなくなるのはちょっと不安…

結局、私は
手が切断されるような事故に遭ったらどうするの!!」と
母の強い心配(物騒だよママン…)もあって
しぶしぶ血の涙を流しながら加入しました。

長期留学となると、大体一年に10万円程度
保険料が必要ですし、これは留学直前の物入りのときにかなりの出費です。
3年間分前払いだったので、35万くらいいっぺんに消えることになり
涙目になりました…。

もちろん、治療費だけでなく、盗難に遭った場合もある程度お金が出るので
もし一年中病気にならなかったとしても、安心を買う感覚で
入っても価値があるとは思いますが…痛かったです。。。

ということで、イギリス留学を検討されている方、
日本からの留学保険に入るかどうかは、ご自分の健康状態、英語力(医者と
英語で症状のやりとりを厭わないか)、住む地域の治安はどうか
(盗難が多そうなのかどうか)、を合わせてじっくり考えるとよいと
思います。

しかし、留学直前はバタバタして、ゆっくり資料請求→吟味→郵送申し込み・・・という手順を
踏んでいる暇がない!とりあえず安心のために加入はしておく!という方には、
こちらのAIU留学保険がオススメです↓↓




(バナーをクリックするとページに飛びます)

1年までの留学なら、オンラインで申し込みができるようになっています。
(保険料支払のためにクレジットカードが必要です)
もちろん、時間に猶予がある方はオンライン資料請求(無料)もできます。

1年を越える留学の場合は、どこの保険会社のサイトを見ても
掲載されていませんので、直接電話で問い合わせて資料請求しなければなりません。

もし、この8~9月から渡航するけど保険を何も考えてない!という人は
早めに行動を!

PageTop

日本からの送金手段

設置はしたけどエントリーを書いていなかったこのカテゴリー、
やっと始動させねば!という気になりました。

というのも、日本の大学の留学生課から「送金はどうしていますか?」と
質問があったので、後続の方々のためにまとめる意味でも
自分が渡航前に調べた情報を載せて整理したいと思ったのです。


留学生で、日本円建てで奨学金をもらったり、家族に海外送金してもらう人は
必ず日本からの送金手段で頭を悩ませることになります。
変動する為替で大ダメージを受けることもありうる身としては、
やはり一番に注目するのが送金時の手数料です。

そして私の場合、日本にいたときからネットバンキングを利用していて
その便利さを実感しており、また外国にいても自分の口座のお金の流れが
しっかり確認できることから、絶対にネットバンキングができる銀行から
送金したいと思っていました。


とりあえず、手始めに調べた送金元と送金手数料を以下にまとめます
(銀行名をクリックするとそのサイトへ飛べます):

ゆうちょ銀行(郵便局) 2,500円
シティバンク 4,000円(残高が100万円あれば2,000円)
新生銀行 4,000円
みずほ銀行 5,500円

どうやら同じ奨学金で世界中にちらばる留学仲間から集めた情報では
シティバンクと新生銀行を選ぶ人が多かったようです。
シティバンクはアメリカに行く人数が多かったからかもしれません。

シティバンクは、アメリカでは現地でキャッシュカードとして使えるカードも
作れて便利という話でしたが、イギリスでは私の通うランカスター大学に
一番近いシティバンクのATMはマンチェスターにしかないようなので
メリットはありません。

また、シティバンクは口座に常に100万以上なければ手数料2000円にはなりませんし
つねに前払い→奨学金充填、と自転車操業しているようなやりくり状態ではちょっと無理です。
自分名義で開設した口座に、保護者などが100万円のお金を入れておいてくれて
つねにそれがキープできる状態でもない限りありえない選択です。

ゆうちょは手数料が安いですが、皮肉なことに私はゆうちょの口座を
ここ5年間くらい使っておらず、システムがどのようになっているのか
まったく知らないのと、家族にもゆうちょをメインで使っているメンバーがいないことから
なんとなく、これから3年間も日本を離れるのに使い慣れない口座は不安だと
思ってやめました。
同じ理由で、新生銀行も敬遠しました。

残るみずほ銀行は、大学1年のときから口座を持っており、
ネットバンキングも導入されたときからずっと取引きを続けてきていたので
安心感があり、家族も全員口座を持っていたので
何かあっても大丈夫だと思い、結局手数料は安くないですが
やっぱりみずほにしようと思っていました。

しかし、銀行で送金する手数料には落とし穴があるのです。
銀行のホームページに載っている手数料は、あくまで
日本の銀行に払う手数料です。
実は、受け取り先の海外銀行でも手数料がかかることが圧倒的に多いのです。
その金額もけっして安くありません。

一度、冬に帰国した際にみずほ銀行からこちらで開設した口座へ
100万円程度を送金しましたが、みずほ手数料5500円に加えて
受け取り先の銀行手数料2500円、合計8000円
を徴収されました。

高っ!(T□T)

しかし、このことは他の銀行を選んでも同じです。
うぅ・・・ただでさえ安心できない生活費なのに、
やはりこんな高い手数料を払って送金するしかないのか・・・

と思っていた矢先、こちらにいる先輩に「どうされてますか?」と尋ねて
教えてもらったのが

JCB送金名人

でした(クリックで飛べます)。 
なんと手数料525円で、一回につき50万まで送金できるというサービスです。

すごい!(゜д゜)
なにその格安さ!?

安すぎてなんだか怪しいぐらいですよ!?

よくよく調べてみると、これは

「保護者から送金する」

という形をとっており、本人名義の口座から送金することはできません
また、送金する際に、保護者は専用のJCBクレジットカードを作らなくてはなりません。

また、送金した分のお金の請求もクレジットカードのとおりに機能するようで、
保護者の口座への請求は翌月になるのです。
また、ある月に50万円送金したら、原則として次回の送金は翌月以降まで待たないといけないのでした。

なるほど・・・
手数料がすごく安いかわりに、
限度額が低い(みずほは1度に200万まで可能)のと
送金元口座への請求が一ヶ月後(他の銀行では瞬時)、
送金は一ヶ月に一回のみ、

ということなんですね。

私もはっきりわかるようなわからないような、なんですが、
送金すること自体をクレジットカードで買うサービスのように
扱っているような感じかな?

為替マージンがいくらかかるかも調べてみましたが、特に銀行と比べて
高いということもありませんでした。
としたら、ひと月に50万円以上必要なときってそこまでないし
これはかなりオイシイ送金手段だ、と結論が出たので
父にお願いして、このサービスに加入してもらいました。


それ以来、

1.私のみずほの口座に奨学金が振り込まれる(本人名義の口座にしか振り込まれない)
2.私のみずほの口座から父のみずほの口座(JCB送金名人登録した)へネットバンキングにより送金
3.父がJCB送金名人により私のイギリスの口座に送金
4.3日後着金、こちらで使えるようになる

という流れを保っています。
JCB送金名人では、電話でもネットでも海外送金手続きができるので
父はいつでも嫌がらず送金してくれます。ありがたい。

50万円以上の送金が必要なときは、日中に銀行に行ってもらえる
母の口座に送金して、8000円を払ってみずほ銀行からいっぺんに送金してもらいます。

みずほはテレホンバンキングで海外送金ができるようですが、
国際電話代もバカにならないので
結局、自分の口座から他の家族の口座に移して、そこから送金してもらう形
とりました。
ネットバンキングならタダですもん。(→大事!!)


というわけで、父母の協力が得られた私の場合はこういう風に送金しています。

でも、保護者の方からあまり協力が望めないとしたら
JCB送金名人を使うことは不可能なので、やはり銀行で自分名義の口座から
移すことになるでしょう。

おそらく、私が調べたときから手数料や状況が変化している銀行もあると思います。
シティバンクのようにある条件を満たせば手数料が安くなる、などの条件も
取り入れる銀行が増えているかもしれません。

とりあえず、今夏・秋から留学を考えている方は、そろそろ銀行のリサーチを
開始することをおすすめします。
口座開設して、しばらく日本で使ってみて安心して渡航するのは大事です。
留学生活に欠かせないお金のことですし、
一度渡航してしまったら時差もありますし、
日本の銀行に問い合わせするのも難しくなりますから。

では今回はこのへんで。
何か新しい情報があったらフィードバックいただければ幸いです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。