イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

豚の鍋照り焼きと白菜のクリーム煮

豚のステーキ4枚入りパックが割と安いので、
「カタマリ肉が食べたい!!」というときに買っています。

カタマリ肉は楽ですよね、塩こしょうして、じゅ~っと焼くだけで
すごく美味しいですから!

この日は、かなり前から買って使わずじまいだった照り焼きソースと、
白菜を消費せねばということでこのようなメニューに。
照り焼きソース最高!!
中華味(白菜クリーム煮)最高!!

(@∀@)~♪♪


DSCN2004.jpg



実家にいたとき、母がしょっちゅう
このお肉が悪くなりそうだったから今日はコレにした~」などと
言っていたのですが、「早く使えばいいのに・・・なぜそんなに取っておくの??」と
思っていました・・・

でも今はわかるよママン!!(つд`)


買って満足、これで数日は食いっぱぐれないぞという安心感で
「まだ大丈夫、昨日買ったんだし~♪」「もっと食べたいって思う日が来るかもだし~」
と思ってると、アラ不思議、賞味期限が目前に!!

ってなるよね。蘭華家だけ・・・?


まあいいや。

この写真を撮ったとき、「さすがにお肉多く盛りすぎたかな?」と思いましたが
しっかり完食!!(・∀・)d
大食いは健在です。

はぁ~。美味しいものはどうして食べるとなくなっちゃうんでしょうね?

スポンサーサイト

PageTop

ムサカ

久々に料理カテゴリの更新。

自炊は毎日してるんですが、なかなか「おおこれは人に自慢できる!」というのを
頻繁に作らないので、いまいち頻度が低くなります・・・


というわけで(?)、ムサカ
ナスのミートソース&チーズかけ焼きです。
ギリシャのタベルナ(大衆食堂・パブ)で食べたなぁ。


DSCN1998.jpg


こちらでご一緒している先輩がものすごく美味しいのを作ってくれて
あまりにも感動したので作ってみました。

ちょっとオーブンに入れる時間が短すぎたみたいで
ナスがしゃくしゃく気味・・・(^^;)

でも、大量に作ったので後日チーンして
パンに乗せて食べたりするとそれはもう!美味でした。
またやろうっと♪♪

PageTop

タラのチーズマヨネーズ焼き

土曜日に街へ出たら、平日よりも市にお店がたくさん立っていて
その中でシーフードを売っているところがありました。

ちょっと寄ってみたら、真空パックになったタラの切り身があり・・・
白くて柔らかそうなその姿にヤラれ、即買いしてしまいました。

しかし、普段は肉命!!(゜∀゜)な蘭華ですので
魚を使ったレシピなどろくに知らず(シンプルに焼くのは気分ではなかった)。
なので、ネットサーフィンして見つけたレシピで作ってみました。

1.固形スープの素(クノールのコンソメ)半個を水1カップに溶かす。
2.1.のスープで、小さめに切った玉ねぎとにんじんを下ゆでして、汁気をきる。
3.マヨネーズ3分の1カップ、チーズ30-40g、アンチョビ2切れ・・・
ってアンチョビなんて買えないので、「しょっぱくてダシが出ればいいんだろ」と
ダシの素を投入。これがソースになる。

4.タラは塩コショウして、小麦粉をまぶして、サラダ油をひいたフライパンでソテー。
小麦粉ないのでスルー。

5.耐熱皿にタラと2.の野菜を入れ、3.のソースをかけて
180度オーブンで12~13分焼く。



耐熱皿からお皿に移すとき、身崩れさせてしまったので
怪しげな風体に・・・

でも、これが超美味!!!!!!!!!(*´∀`*)~♪

タラ、超グッジョブ!!
私、超天才!!(レシピのおかげです)

ほわあぁ。
魚ってこんなに美味しかったっけ?

魚は小骨がめんどくさいので苦手なのですが
こちらに売っている魚の切り身は
さすがガイジン相手ですので小骨が残っているものは少ないそうです
(先輩談、ヤッター☆)

そういえば、こちらに来てから
魚を自分で調理したのは初めてだったんでした。

これからは魚料理もちょくちょく挑戦してみようと思います!!


P.S.昨日、レポートを一本書き終わって提出してきたので、残りのタスクは
お仕事1つと面接準備になりました。
修羅場度が下がりました。がんばりまーす

PageTop

洋風野菜炒め

イースターは、イギリス国内で働いている友人の家に
お邪魔してきました。

彼女はお料理が上手で「おいしいものを食べること」にとてもこだわるので、
いくつかのレシピを習ってきました。
手軽でおいしかったので、さっそく帰って来てから作ってみました。

洋風野菜炒め。
仕上げはオーブンを使います。





1.角切りになって売っているベーコンをそのまま炒める。
2.出てきた油でにんにく、そしてパプリカ・なす・ズッキーニ・マッシュルームを炒める。
3.全体に火が通ったら、オーブン皿に移して、トマトとチーズを敷き詰める。
4.予熱しておいたオーブンに入れて、チーズがとろけたら出来上がり(200度で5分程度)。

買うチーズの量を間違ったので、なんだか怪しい出来上がりですが・・・

めちゃめちゃおいしいです(*>∀<*)
ベーコンの塩気がちょうどよく回って、ほかに調味料を何も使ってないのに
食が進みます。
ちなみに、蘭華は写真のほかに作ったもう一皿を平らげました。パン二枚とともに。(・∀・)
ワインにも合うのです。

こちらのトマトは、日本のトマトのように柔らかくも甘くもなくて
生で切って食べるにはあまりにもマズイのですが、
火を通すとおいしくなることがわかりました。
なるほど、だからイングリッシュ・ブレックファストでは
必ず焼きトマトになって出てくるわけだ~。

PageTop

中華

らんかは「ちゅうか=しょうが」をおぼえた!

らんかは「しょうがとみそであまいまーぼーどーふ」をてにいれた!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。