イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

南仏旅行2日目

引越しでちょっと間が空きましたが、南仏旅行の2日目。

この日は日曜日で、他の都市へ行くための電車やバスなどがあまりなかったため、
思い切って奮発して、南仏の小さな村中心に見所をまわってくれる
1日ミニバスツアーを予約していったのでした。

ピックアップの車が時間より遅れてちょっと不安だったけれどちゃんと来た。
運転手兼バスガイドはキャロリンという若い女性。
明るくとっても有能なガイドさんで、本当に当たりだった!(^∀^)

まず、L'isle-sur-la-Sorgue(リル・シュル・ラ・ソルグ(ソルグ側の上の島))という村へ。
ここは、日曜に立つアンティーク市が有名。
私たちにはアンティークはよくわからなかったが、古そうな銀食器や時計やら
お皿やらを見て、「執事っぽ~い!」「ヨーロッパって感じ~!」などと騒ぎながら
進んでいく。
アンティークだけではなく、もちろん食べ物や服、布などの市も立っているので
それもばっちりチェック。
めいめいニンニクペースト、プロヴァンスハーブの詰め合わせ、サフランの粉、
チーズ、ラスクなどを買う。これからの夜の晩餐のためなのだ!(*・∀・*)
鶏があぶられていて、その油が下に敷いてある野菜もこんがりとしっとりと
調理していくという垂涎ものの視界を展開してくれた屋台で足を止め逡巡するも
まだ11時にもなっていなかったので断念。えらすぎる。

とてもよい天気で、まさに「南仏日和」といったところ。
長袖しか持ってこなかった身では汗ばむくらい、ぜいたくな陽光と陽気である。

次はラベンダー博物館へ。
背が低く、一本しかない茎に上下に連なって濃い紫の花が咲く「ラベンダー」と、
背が高く、茎が3本に枝分かれして花が連なる「ラヴァンディーン」の区別を
教わる。
「ラベンダー」はプロヴァンスでしか取れないのだそうだ。
世界中のほかの地域で咲いているのは「ラヴァンディーン」であり、
彼らに言わせれば「ニセモノ」らしい。
香りはラヴァンディーンのほうが圧倒的に強いので、香料や香水に
使われるが、薬効があるのはラベンダーのほうのみなのだそう。
へぇ~へぇ~へぇ~!
でも残念ながら、私はラベンダーの香りがいまいち好きではないので
早々に外へ出て待機。すいません・・・

次の街はRousillon(ルシヨン)。
オークル(赤土)のとれる街。建物もすべて赤みがかった壁を持つ。
言い伝えによると、ルシヨンの王様は狩りばかりして王妃を省みなかったので
王妃が愛人を持つことにしたところ、王様はその愛人を殺してその心臓を料理して
王妃に食べさせたそうな。
そのことを食べたあとで知った王妃は自殺、その血と心臓を抜かれた愛人の血が
ルシヨンの土を赤くした・・・のだそうだ。

なんてbloodyな言い伝えなんだ!しかしなんだかフランス人らしいような気も!
キャロリンは「これは言い伝えだけど嘘だから!本当じゃないから!」と懸命に
フォローしていた(笑)。
しかし、王妃に浮気されて、復讐したら死なれてしまい、挙句の果てに
王妃と愛人の血のせいで自分の国の土が赤くなったなんて言われたら
王様は踏んだり蹴ったりだな~と思ったり。。残酷だから仕方ないのか。

次はGorde(ゴルド)。まさにラピュタのような外見の町。
DSCN2146.jpg

写真からもわかるように、坂道だらけの小さな町だったが
石造りでとても風情があった。
ここの美味しいと評判らしいパン屋さんで、明日の朝食用にキッシュやパンを買い込む。
ラムレーズンのアイスを食べて満足。

次は、ローマ遺跡の門の跡を見に行った。
これが日本語のガイドブックを読んでもどこの町の近くだったのかわからない。
凱旋門の縮小版のようなものが、いきなりぽつんと現れる感じ。
あまり感動しなかった。

次はLes Baux、岩造りというか石造りの狭い城壁が入り組んだ通路に立つ町。
公衆トイレが和式(そしてぼっとん)だったので驚く。
周りの外人たちは出てくるときになんだかこわばった顔をしていた。
町は観光化しているようで、おみやげ屋さんがところ狭しと並んでいる。
かわいい布や明るい色使いの陶器・お皿の誘惑に負けそうになるも、
「重いよ!」「これから縫い物してる場合じゃないよ!」と冷静になり
なんとか耐える。

最後はPont du Gard。ローマ兵が5年の歳月をかけて作り上げた橋だ。
ローヌ川に併走するガルドン川にかかる。4世紀くらいのもので
今は真ん中の通路しか通れないが、高く大きくがっしりしている。
今でもふざけて飛び込む人が後を絶たないそうで、まぁそのへんは
世界共通の現象なんだなぁ。

DSCN2149.jpg

合計10時間の充実したツアーを終えてアヴィニョンへ帰還。
キャロリンに教えてもらった、おいしい南仏料理を出してくれるレストランLutrinで食事。
ワイン、鶏(朝市で見た甘美な風景が忘れられなかった)、
魚のスープ、ニース風サラダを頼む。うまうま!

DSCN2165.jpg

帰りは9時をすぎ、もうバスもなかろうというのでタクシーで帰る。
まったりと買い込んだワインを味わいながら語るうちに夜が深くなっていく。

スポンサーサイト

PageTop

南仏旅行 1日目

無事に旅行&学会を終えて帰ってきました!

南仏は、太陽いっぱい・美味しい料理・美男美女(←大事)いっぱい、と
まさに夢のようなところでした。
やっぱり陽光って素晴らしい、としみじみしました。
セレブが別荘を欲しがる気持ちもよくわかる。
イギリスは逆立ちしてもかないません!!

さて、今回はゆる~く日記をつけていたので、
第1日目からレポートをば。

9月6日、出発日。

大学→(バス)→ランカスター駅→(鉄道)→リーズ駅→(バス)→リーズ・ブラッドフォード空港

そしてそこからアヴィニョン空港まで飛ぶというスケジュール。

しかししょっぱなから運が悪かった。
別の路線のバスの運ちゃんにだまされ、こない路線のバスを待った挙句
結局タクシーで大学からランカスター駅へいくことに。
バスで行けば1.30ポンドですむところを6.7ポンドも支払う羽目に。
くそー!(`д´)運ちゃんひでぇよ!!

なんとか間に合い、電車に乗ったあとは乗り換えもスムーズにいき、
無事にリーズ駅から空港へ向かうことができた。
初めて使う空港はいつでもなんとなくドキドキだ。

格安航空会社のJet2による、15:00発の飛行機に乗る予定だったので
規定通り2時間前には余裕で空港に着いてチェックインし、
14:30までにはゲートに着いていた。

しかしゲートに到着したら、出発案内画面には

「17:15に出発延期」

の文字が。

ええええええええええええええええええ!!
いきなり二時間以上延期っすか!!(゜д゜;)


しかも理由が、「予定されている機体の到着が遅れているから
で、もうなんともしようがない。
他のパリ行きの便なんかも大幅に遅れているみたいだ。
いくら格安だからって二時間はないぜ・・・しっかりしてくれよぉ~。

Jet2からはお詫びとして、ゲート前のバーから1杯のフリードリンクをもらえる
バウチャーが出たらしいが、それ以降のアナウンスをよく聞いていなかった私は
もらい損ねた。

二時間以上待つには、できるだけ軽くした手荷物だけでは足りない。
結局、本を2冊買った。12ポンド。ぐはっ。

一冊は、イギリスの有名なコメディアンの
ラッセル・ブランド(わりと下品)による自叙伝(これまたかなりの暴露本)、
もう一冊はジョン・グリシャムの"The Innocent Man"。

この二冊は、旅の途中の待ち時間や、1人になってからの寝る前の読書時間に
ものすごくお役立ちだった。
日本にいたとき洋書を読むのは苦痛だったのだが
(日本語で読むほうがはるかに速いので)
これで普通に読むことが出来るようになったみたいだ。
けがの功名というやつ?

同じくイギリスから南仏へ、別の空港から飛ぶ予定の友人の飛行機も
遅れていたので、電話やメールもしたりしながらしのいだ。

結局、無事に乗れて離陸したのは18時。3時間遅れ!!
到着は南仏時間で21時を過ぎた。

友人と無事アヴィニョン空港で合流でき、ほっと一息。

アヴィニョン空港は小さく、タクシーかレンタカー以外に街中へ出る手段が
まったくないので(驚)、タクシーを呼んでもらって宿へ向かう。

今回の宿はアパートメント形式のホテル。
つまりキッチン・冷蔵庫・調理台付きの、生活型の滞在ができる。
しかし、21時を過ぎたらいくらなんでも周りのスーパーも営業していないので、
「1日目の夜からいろいろ買い込んで飲んだくれよう!」という
私たちの夢の計画は頓挫した。Jet2め!

宿の周りにレストランなどもなく、結局
友人が持ってきてくれたポテチやサラミなどを食べて、この日は就寝。
なんだかんだ、待ち時間が長くて疲れていたので、すぐに寝付いた。

DSCN2141.jpg

PageTop

南仏いってきます

10~13日まで、大きな学会が開催されるので
ちょっと早めに明日から南仏へ行ってきます!

7~9日は南仏観光。
そのあとは学会。
順序が逆なような気もしますが

はじめてユースホステルを利用することになります。
だって安いんだもん!
(一泊17ユーロ=約3000円)
ホテルだったらどんなに安くてもその倍以上はします。

そして飛行機会社は往復ともに格安、
行きはJet2、帰りはかのRyan airです!
いろいろと楽しみな旅です。

いってきます!(^∀^)ノ

PageTop

湖水地方へ遠足

この前の水曜日、大学の所属学部が院生を対象に
湖水地方への遠足を無料で!(・∀・)開催してくれました。

湖水地方とは、その名の通り多くの湖が点在するうえに、
イギリスにおいては珍しい「山(=標高1000m以上)」が存在する
自然いっぱいの地域です。イギリス北西部に位置しています。

大学からコーチ(長距離バス)で1時間ちょっと走って
グラスミア(Grasmere)という村へ行き、
そこから山、ではなく丘歩きを往復4時間くらいする予定でした。

当日、起きてみたら
ランカスターは雨。


それでも天気予報をチェックすると、
午後には晴れるようなのでみんなで予定通り出発したのでした。

行きのバスの中では、「湖」の定義や、「湖」以外の小さな水場の呼び名とか
湖水地方特有の名詞の由来などを先生たちにレクチャーしてもらい、
なんとも言語学部らしい、楽しい雰囲気でみんなワクワクでした。

現地に到着したときも、小雨が降っていました。
まぁ、止むだろうと楽観的に考えてみんなで歩き始めます。

さあ、と歩き始め、村から離れていきます。
のどかな風景。
DSCN2075.jpg



だんだん丘の登り口へと近づきます。
DSCN2076.jpg


日付がおかしいことになっていますが、撮ったあとで気づいたので
後の祭り。まあいいや。


詩人ワーズワースとその妹がこのあたりを散策し
どのように詩を構成していったかを記した碑。
DSCN2078.jpg


ワーズワースがぶつぶつとフレーズを言うので、
妹はそれを必死に追いかけてメモしていく、という感じだったようです。
妹・・・偉い!!!(つд`)

ラテン語で書いてあるので、先生の1人がレクチャーしてくれました。
左に写っているのは先生の手足。

もっと進んでいきます。
まだ雨は降り続けています。
は~、天気がよかったらもっと綺麗なんだろうになぁ・・・。
DSCN2079.jpg


ところどころ、このような石の詰まれた柵?が見受けられます。
羊飼いの領地を区切る、「囲い込み運動」の軌跡なのだそう。
わー、世界史でやったやった!
「エンクロージャー」とかやった!ちょっと感激(;∀;)

DSCN2080.jpg


そしてこれが遠足最後の写真。
DSCN2081.jpg

まあまあ登ったところです。

まだ登り始めて1時間ほどしか経っていませんが、
もはや「デジカメを取り出して写真を撮る」ことを諦めざるを得ないほど
雨が強く降り始めたのでした。




雨がやむという予報だったのに・・・。

やまないどころか、上にいくにつれて
雨足は強まり、風も強く吹いてきます

目的地に着く頃には、少しの雨ならものともしないダウンコートが裏地までぐしょぐしょ
スニーカーはもちろん中まで浸水
コートから浸水して中の服はもちろん、ジーンズもびちょびちょ。
リュックの中も浸水していたので、財布もお弁当もびっちょびちょ。

デジカメは、「こりゃだめだ」と思ってからビニール袋の中に入れたので
そこまでひどい被害はまぬがれましたが・・・

そんな状態ですから、上のほうでお弁当食べようとか言ってたのに
全然座れもせず、まず木陰なんかもないので止まって休憩や荷物整理もできず、
結局4時間ほとんど休憩ナシで歩きっぱなし。

やっとの思いで村へ下りてから、帰りのバスの出発時間まで
二時間ほど時間があったのですが、
全身ぬれねずみで死ぬほど寒かったので
お土産屋で長袖シャツを2500円も出して(ぼったくり!!)
買って着替えさせてもらい、
あとは喫茶店に入って紅茶飲んで震えてました。
もう、超みじめな気分・・・(TдT)。


ジーンズはまだびちょびちょなので、帰りのバスの座席を濡らしてしまうのが
申し訳なかったけど、もうどうしようもありません。
大学に着いたとたん、一目散に部屋へ走って帰り
熱~いシャワーを浴びました。

一心地ついたあとで、ふと我に返ると待ちかまえている
濡れモノの整理・・・。

コート→ぐちょぐちょ
シャツ→びちょびちょ(写真参照)
ジーンズ→びちょびちょ
スニーカー→中までびちょびちょ、しかも臭いが・・・あわわわわ(ノTдT)ノ
リュック→びちょびちょ

DSCN2082.jpg

寒いのでジーンズにたくしこんでいたお腹の部分以外
ぐっしょり濡れているシャツです。
お腹の部分だけ、もとの色がちゃんとわかります。あとは全部濡れてるんです。。
シャツがこうなんだから、コートはもう・・・て感じでした(TдT)


とにかく室内に吊るして干し、暖房をガンガンに入れて放置。
部屋の中が、なんとも微妙な、生乾きの匂いでいっぱいになりました・・・
スニーカーの臭いもね・・・。

コートとスニーカーは暖房にひっかけてまる1日干さないと乾きませんでした。

もう、湖水地方なんて二度と行かない!!ヽ(`□´)ノ

と言わしめるに十分な経験でした・・・。


とはいえ、本当に綺麗な地域なので、もっと良い天気のときに
しばら~く経ってからまた行ってみてもいいかなと思いますけど・・・

はぁ。

行ってこんなに後悔した遠足は初めてでした。

山の天気は変わりやすいと言いますが、
そもそも変わりやすいイギリスの天気との相乗効果で
ものすごい不運な1日となってしまいました・・・。

湖水地方に行かれる方は、ぜひ前後の日にちの天気予報も
しっかりチェックされることをオススメします。。

PageTop

ベルギーは美味しい

ただいま!(*^∀^*)

スパビも無事に終え、お仕事の締め切りもばっちり終わった5月末、
るんるんのベルギー美食リベンジ&オランダ美術館めぐり旅行
行ってまいりました!!

ベルギーで行った都市は前回とほぼ同じなので、
料理のみアップいたします☆
さすが美食の国と言われたベルギー、
もんのすごく美味しかったです


今回一番感動したのは、旬の白アスパラでした!
DSCN2012.jpg

基本的にゆでられて出されるだけなのですが、
太いし甘いし、まぁこれの美味しいこと!!
写真は少しいいレストランで食べたので、ガイドブックに載っていた付け合せとは違って
パルメザンと生ハムに、バルサミコ酢とオリーブオイルでいただきました。

そして食べるのに夢中になってメインの写真を撮り忘れました・・・ヒドイ。
海老のトマトクリームソース煮でした。
特にベルギーで特産というわけではないですが、メニューを見て
Scampiって何だっけ、思い出せないね、頼めばわかるか」と注文。うま~。
ムール貝はフランス語でRのつく月が食べごろということで
5月はすでにアウト。残念!

そしてデザート。キャラメルムースと、シャーベットの5色盛り。
シャーベットのお皿がパレットなのが可愛すぎる!
DSCN2013.jpg


ホテルは朝食つきにしなかったので、前日に自分たちで
惣菜やサラダやパンなどを購入して朝食としました。
このときのはキッシュです。おいすぃ~!
友人が持ってきてくれた割り箸で。べべべ便利~!
DSCN2018.jpg

ちなみに、朝食がないホテルプラン、実は好きです。
だって寝られるから!!(>∀<)

そしてチョコレートの国ベルギー。
友人が重度(?)のチョコレートラバーなので
今回はかなりの数のショコラティエを訪ねました。
いろいろなディスプレイや工夫が凝らされている中、
ひときわ目立っていたのはこれ。
チョコレート製のカバンと靴。
DSCN2022.jpg


DSCN2023.jpg

うはあ~~~~芸術~~
もったいなくて身につけられません(その前に溶けます)

いやはや、すごい国だ。
そしてチョコレートと並んで有名なのがワッフル
DSCN2024.jpg

日本でザラメが入っているワッフルのイメージがあったので
トッピングなしで注文しましたが、甘みはあまりなかったです。
チョコレートやジャムやアイスクリームなどのトッピングが合うように
作られているのですね~。
それにしてもバターのいい香り!

そしてまた夜ごはん。
ニース風サラダ。
こちらでは大体、1つ頼むとものすごい量が来るので、
サラダなど前菜1~2品にメイン1品を注文して
友人と分けて食べました。
DSCN2031.jpg


メインはこちら。
ベルギー料理の代表、フランドル風カルボナード
牛バラ肉をビールで煮込んだ、あっさりしつつもなんとも美味しい一品。
DSCN2032.jpg

つけあわせはじゃがいもに洋ナシのいちじくソースがけ。
美 味 で す。

また別の晩、またまた白アスパラを注文。
だって美味しかったんですよー!
このお店では、バターソースにゆで卵、パセリを乗せた
一般的な付け合せで。
DSCN2037.jpg


そしてこれもベルギー料理の代表、
ゲント風ワーテルゾーイ。美味しいです。
「ゆでた鶏肉とじゃがいもに、生クリームのたっぷり入ったソースをかける」
とガイドブックにはありましたが、私たちが食べたものは
ソースの量が多く、見た目クリームシチューみたいな感じでした。
DSCN2039.jpg


メインはこちら、ウサギの煮込み。
DSCN2041.jpg

普通に美味しかったですが、この店ではチップを強要されたのでちょっと嫌な感じでした。
大したサービスでもなかったし!そもそも店側から要求するもんじゃないし!
ちなみに、ブルージュのマルクト広場にある、思いっきり観光客向けの店でした。
おなかがすいていたので妥協して入ったのが良くなかった。

そしてまた別の日の昼ご飯、オムレツ!
でっかいサイズでたっぷりの量が来るのがベルギー。
DSCN2044.jpg


DSCN2045.jpg

小海老入り贅沢オムレツと、チーズオムレツ。
おなかいっぱいになれます。


いや~、前回のベルギー旅行の印象とは打って変わって
めちゃめちゃ美味しい国!!でした!
ベルギー最高ですよ!(・∀・)←ゲンキンな蘭華

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。