イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バンクーバー五輪フィギュア

男性では高橋が銅!
女性では浅田が銀!

トリノ五輪の時の、荒川静香氏の金メダルにも
ものすごく感嘆しましたが、
今回は男女ともに表彰台に上がるなんて…
日本のフィギュアスケート界SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE(゜∀゜)

外国にいると一層、誇らしいです

一昔前までは、外国人選手(おもにロシアとか…)と
日本人選手の体型の差が歴然としていて
日本人選手に技術があっても、なんとなく
いまいち水をあけられているような印象が拭えなかったんですが、
最近の選手たちは顔も小さくて手足も長いし
本当に綺麗。

時差があるのでライブではみることができず
(午前3時放送とかで…)
演技説明をあとから動画で見てるんですが、
気になるのはなんだか「失敗したところ重視」の
コメントが多いこと。
(日本人選手だけでなく、他国の選手についても)

「あーちょっと軸がブレました!」とか、
「着氷時にバランスがちょっと」とか…

バランス崩したりっていうのは見てればわかるから、
もうちょっとお茶の間にはポジティブな解説を
たくさんしてくれてもいいんじゃないの?

と思ったりします。
私たちは審査員じゃないんだし。

ジャンプだけじゃなくて、もっと「地味」に見えるけど
実はものすごく大変であろうシークエンスの解説とか
(素人にもわかるように)、
「この選手はこれが本当に美しいですね」
とかね?

芸術を競う種目に関しては、
お茶の間だって欠点をあげつらうより
「わー綺麗ねー」って楽しんで見たい人が多いんじゃ
ないのかなあ?

固くて冷たいアイススケートリンクで転んだら
ものっすごく体中痛いだろうに、
瞬時に立て直して演技を続ける選手たち。
それだけでも賞賛に値すると思うんです!!


ちなみにイギリスは「冬のオリンピックに関しては
(夏は?という突っ込みはナシ)
自国に雪も氷もほとんどないから
イギリスチームはダメダメ
だよ」
というのが一般的な姿勢なんだそうで、
まったく盛り上がってません。


うーん、確かに。
北のスコットランドまで行けば雪もたくさんあると思いますが
トレーニング場もあまりなさそうなイメージ…。

スケルトンで驚異的・歴史的な金メダルをとった
(何十年ぶりとか放送されてましたが)
エイミー・ウィリアムス氏も
報道はされましたが
その後フォーカス番組もないですし…。
ちょっとかわいそうです。

スポンサーサイト

PageTop

菊水

同輩K氏が日本からはるばる持ってきてくれた
辛口日本酒「菊水」が、

私の胃に召されて
おなくなりになってしまわれました・・・




在りし日の麗しき菊水とえびせん


この世は無常なり・・・
悲しくてしょうがありません。
喪に服そうかと思います・・・(⊃д`)・・。。・。・どうして飲むとなくなっちゃうのー


K氏、重たいのに本当にどうもありがとう。
心行くまで堪能しました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。