イギリスで徒然草(旧・ランカスター日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Brexit イギリスEU離脱に思う(2)

Brexit論戦の焦点だったのは、とにかく移民問題であったと私は認識している。

離脱派のスローガンはTake back controlであり、
「自分たちの国のことは、自分たちで決める」という姿勢であった。
EUに加入している限り、イギリスは自国に流入する移民を規制することはできない。
EU内の人の移動は保証されているため、これを勝手にせばめたりせき止めたりすることは
許されていないからだ。
EU法は移民だけでなく、関税や人権法など、他にも内政に関わるさまざまな部分に
及んでいるため、これを「内政干渉だ」として離脱派はキャンペーンを展開していた。

イギリスでは、旧植民地であったインドやパキスタンなどEU外からの移民が多く、
これについてはEUの決まりに抵触しないので、4年ほど前にこれでもかというほど規制が厳しくなった。
(私も規制が厳しくなった後にEU外からの移民としてイギリスへ戻ってきたので、
ビザ取得はそれはもう大変であった)

しかし、ポーランドなど東ヨーロッパの比較的貧しい国から仕事を求めてやってくる人々や
昨今のシリア難民受け入れの問題もあり(シリアはEU外だが難民として流れつくのはEU国であるため)、
増え続けるEUからの移民の住処や福祉などを確保できるのか?しなければならないのか?
自国民の福祉や年金制度もカットされている現状があるのに?
という不安・不満が煽られて、離脱への方向へと向かっていったように思う。

とくに、「移民は豊かなイギリスの福祉制度を悪用して、
無料の医療制度や生活保護などを受けにやってくる」というような、
多くの人にとって事実とはかけ離れたステートメントが飛び交っていた。

実際は、大多数の移民はよく働くし、税金もきちんと納めて
医療の財源や経済に寄与しているのだが、
そういった移民と交流する場もない、分断された世界に住んでいる人々にとっては
非情に効果的な煽り文句であったようだ。

EU内からの移民してきた人々は、今までは自国のパスポートさえあれば
ビザも必要なく、気軽に仕事に就いたり、住居を探したりできた。
たとえばイギリスに降り立ったその日に求人を見つけて応募し、
採用されればそのまま働きはじめることが、合法的に可能であったのだ。
これはすごい柔軟性である。

それが、Brexit後には滞在許可証なりビザなりを取得しなければならないことになる。
これからイギリスへ来たい人はもちろん、現在イギリスで既に定住しているEUからの移民も
制度が整い次第許可証などを申請せねばならなくなるだろう。それも高いお金を払って。
当然のことである。これからはEU内からであろうと関係なくなるからだ。

私が個人的に大変だろうなと思うのは、
こうした人々がこれから激変する入国管理制度に適応しなければならないという点だ。
今まで、

「EUから来たの?今無職?英語ができない?問題ないよ。
仕事もこれから探せばいいし、投票権だってあるし、
もちろん医療制度だって無料だよ!EU外からの外国人配偶者だって
ほぼフリーパスで受け入れてあげるよ。
全然問題ない、EU市民なら信用できるからね!」


と言われていたのに、これからは

「何?イギリス国外から来た?仕事は?年収は?
高度な技能を持っているならビザを出さんこともないがな。
英語能力も十分なければ入れることはできん。試験を受けてスコアを提出しろ。
外国人配偶者を連れて来たい?偽装結婚じゃないんだろうな?
証明しろ。その外国人配偶者はここで働くつもりなのか?
外国人配偶者は低能だし仕事が見つかるかわからないから、信用ならんな。
まさか生活保護なんか受けるつもりじゃないだろうな。
医療費は一定額を前払いしろ。返金は一切なしだ。
おまえの年収か貯金が一定水準以上なければ配偶者は入国できんぞ。
養育する子どもがいるならもっとないとイギリスには入れんぞ。
投票権?外国人にあるわけないだろ。欲しいなら何年も働いて、
イギリス国籍を取得するんだな。」


という、ものすごい不信を全面に押し出した態度で扱われるからだ。
ちなみに、これは我々EU外からの移民が扱われてきた態度である。

あまりにもEU内からの移民と扱いが違うので本当に腹立たしかったが、
Brexit後はまず間違いなく我々EU外移民と同じレベルの扱いになるのだろうと思うと
気の毒ではある。

この手のひらを返したような扱いに憤り、イギリスを去る人もいるだろう。
身軽な若い人なら簡単に他の国へ移ることができる。
しかし、もうイギリスへ定住してしまい、仕事もあり、家も買い、子どもも学校に馴染んでいて・・・
という状態だったら、一体どれだけの人が簡単に去る選択を取れるだろうか。

そして、連日のように「移民は問題だ」「我々の仕事を横取りし、福祉を悪用し、治安を悪化させる」
などと言われるのだ。こんな扱いを受け続けていたら、不満が募り、治安が悪くなるのも
当然の流れと言えそうだが・・・

Brexit後の移民ポリシーがどうなっていくのか、あまり明るい展望はないが、注目していきたい。

スポンサーサイト

PageTop

Brexit イギリスEU離脱に思う(1)

学会兼ホリデーで国外に出ていた23日に、国民投票でイギリスがEU離脱を決定した。

23日深夜には残留派が優勢らしい、と聞いていたので、まあそうだよね、と思って寝たら
24日の朝、携帯でニュースを見ていた夫が(彼にしては珍しく)Sワードをつぶやいたので、
「えっまさか離脱?」と聞いたら本当にそうだった。

EU離脱派の意見はエビデンスやソースがだいぶ曖昧だと感じたことと、
離脱後のことが何一つクリアでないのに比べて、残留のメリットはそれなりにあるので
なんだかんだ言っても残留になるだろう、と思っていたので本当に驚いた。

夫は自国がEUから離脱すると決定したことがにわかには信じられず、ものすごくショックを受けている。
数日経った今でも、大好きなサッカーの試合観戦よりもBrexit関連のニュースに釘づけである。
自国がEU離脱を選択し、移民排斥の方向に突き進んでいることに深く失望しているようだ。
妻が外国人で、かつ娘も半分外国の血が入っている(そして外見で明らかに混血とわかる)わけだから、
彼の憂いは当然かもしれない。

今回の投票結果で、さまざまな記述統計が発表されて実感するのは
「いかに自分たちの属しているグループと、それ以外のグループとの隔たりが大きかったか」
ということである。
イギリスの大学では、実にさまざまな国籍の教員や研究員が働いている。
EU加盟国であるということが労働力の流動性を保証し、優秀な人材に来てもらいやすい環境に
なっていたからだ。大学教員の中ではおそらく残留派が圧倒的多数であっただろう。
また、私たちの住んでいる地域はロンドン通勤圏で、その点からも残留派が多い印象だった。
だから、まさか離脱になるなんて思ってもみなかった。

しかし、ふたを開けてみれば、ロンドンや比較的大きな都市、および大学都市以外では
離脱派が多数であった。しかも、年齢、教育程度、出生地などの統計を見ると
「若者vs上の世代」、「都市在住vs地方在住」、「教育程度高いvsそうでない」、
「イギリス国外生まれvsイギリス生まれ」という分断がかなりはっきり見える。
いずれも前者が残留組で、後者が離脱組だ。
まあ、分布図の散らばり具合から見ると、そこまで高い相関があるわけではなさそうだが
(せいぜい0.5程度かと予想)、
全国規模であることを考えるとかなり強めの傾向ではあるのだろう。
でもその分断されているグループ同士はおそらく普段交流することのない人々で、
だからお互い「もちろん残留だろ」「まさか離脱以外にありえない」という認識だったのではないだろうか。
これはよく考えるととても恐ろしいことだ。

離脱の影響は、すでに為替レートや不動産の値段などに現れつつあるが、
大学という文脈に限っていえばイギリスの大学はEUから多大な補助金や研究資金を受け取っており、
これがなくなる、あるいは著しく減少するとなると
大学経営は厳しくなることが予想される。
これまでは、その補助金があったのでEUからの学生は比較的安い学費でイギリスの大学で学ぶことができたが、
それもなくなるか大幅に減るかするだろうから学生数も減り、ますます経営難に陥るだろう。
どこの大学もstruggleするだろうから、他の大学なら状況がマシ、というのは考えにくいので、
そのうち大学外に転職しなければならなくなるかもしれない。
まあ、嫌な展望だが、見通しが立たない中で憂えても仕方がないので、今は目の前の仕事を頑張るしかない。

ちなみに、イギリス人の外国人配偶者(それもEU外から)という身分で
この国に住んでいる私には投票権はない。
働いて税金を納めていてもまったく関係なく、どんな規模の選挙であれ、投票することはできない。
これはイギリス国籍を取得しない限り、永住権を得たとしても同じである。

しかし、イギリスがEUから離脱するということは、イギリス国籍を持っていても
この先EU他国間を自由に行き来し、就労する権利は失われてしまうということだ。
他の「EU外国からの移民」と同じように、他国で就労したければビザが必要になる。
それなら日本国籍でいるのともはや条件は変わらないし、
イギリス国籍を取得する(=日本国籍を喪失する(日本は二重国籍を認めていないため))
メリットはほとんどない。

真面目に働いて税金を納めて暮らしているのに投票権がないのは腹立たしいが、
いざとなったら帰れる祖国があるということは大事な心の支えだ。
この先イギリスがますます移民排斥の方向に向かうとしたら、もっと嫌なことや腹の立つことがあるだろう。
人間というものに絶望する日が来るかもしれない。
そんな日が来て、ああもう外国に住むのは無理だ・・・となったとき、
日本は一切の証明を必要とせず、両手を広げて「おかえり」と私を受け入れてくれるのだ。
そんな風に無条件で受け入れてくれる国は世界でただ一つしかない。
一生日本国籍を手放すことはないだろう、と改めて強く思った。

PageTop

出産しました

相変わらず放置続きのこのブログですが、
今回放置している間に娘が生まれました。

ashi20.jpg


去年の11月30日に生まれて、現在は3ヶ月を過ぎたところです。
娘もにっこり笑うようになり、少しずつお世話が楽になってきました。

生まれてからすぐは、あまりにも疲れて「早く仕事に戻りたい・・・」と
思っていましたが、今は育休が明けるまであと4ヶ月強しかないのか、と
少し残念な気持ちも出てきました。

PageTop

6年越しのリベンジ

日々の仕事や雑事に追われている間に、もう2014年も3月後半になっています!
蘭華は元気です。
なんと時間の流れとは早いものでしょうか。あと一か月で、イギリスへ戻ってきて丸1年が経つことになります。
もうそんな経つか、というのと同時に、まだそれだけだっけ?とも思います。

こちらへ戻ってくることになってから、本当に大変だった配偶者ビザの取得や
海外引っ越しについてなど、書きたいことがたくさんあるのですが
なかなか一旦放置してしまうと
再開して定期的に書き続けるのは難しいものですね。

でも、久々に「これは書かなきゃ!!!!」というネタができたので、今日は書きます!!!
ちなみにテーマは、研究ではなく、手芸です(笑)

まず、そもそもの事の起こりは2007年11月下旬。
ランカスターの博士課程に入学して2か月も経っていない頃です。
寮の小さな部屋に住んでいて、お金もなく、ミシンも持っていませんでした。
当時イギリスに住んでいた友人に会いにロンドンまで行って、
はじめてキャスキッドソンの店舗に入ったんです。

花柄や水玉の可愛い布で作られた小物、バッグ、どれも可愛かったですが
1個で5000円以上するものばかりで、貧乏学生にはとてもとても手が出せませんでした。

でも手ぶらで帰るのはあまりにももったいなくて、
ならばせめて!と、ハギレ扱いでちょっと安くなっていた
オイルクロス(=ビニールコーティング、以下「ビニコ」)の生地を買いました。

ハギレ扱いとはいえ、170×170㎝サイズで、この生地を買えば
自分でポーチやバッグを複数縫って安くあげられると思ったからです。
今でも覚えています、生地は27ポンド(当時5000円位)しました。

そこから、いいなと思ったバッグに似せたデザインのものを手縫いしたり
(ちなみにこの記事です→http://lancasteruniv.blog119.fc2.com/category3-1.html)、
残った生地でネームタグを作ってみたり、ポーチにしてみたり、
それが気に入らなくてほどいて小さいバッグにしてみたりしていました。

でもやっぱり、手縫いでは縫える厚みに限界があって
(キャスの当時のオイルクロスはつやありの分厚いものだったので)、
いまいちキレイに決まらないなーとか
裏地がつけられなくて使い勝手が良くないなとか、
小さな不満が残っていました。

いつかミシンを買ったら、厚いビニコの布も
綺麗に縫って、既製品かと見まごうような作品を作りたい

というのが、当時からのささやかな野望だったのです。

博士課程を終え、念願のミシンを手に入れ、
ビニコ生地で既製品のようにきっちりとバッグを作れるという型紙&レシピを買ったものの
放置することまた数年…

この週末に、縫い縫いの神が降臨(笑)したのを感じたので、
なんとなく気に入らないまま、使ったり使わなかったり…を繰り返した
手縫いのキャスのバッグを、今度はきちんと作り直すことに決めました。

こちらが、何年も前に手縫いで作ったバッグです。
cath bags before_resized


一つはお弁当用、もう一つはA4の書類が入るようにと作ったのですが
いまいち100%気に入ってないことと、イギリスで働き始めてから
自分のバッグの需要がちょっと変わったこともあり、
出番があまりなくなっていました。
ちょっと暗い写真ですが、なんとなくキマッてない感じなんです。

今回使った型紙&レシピは、chikuchikuhappyさんの『コバステッチが決まるビニコトート』です。
(詳細はこちら→http://shop.chikuchikuhappy.com/?pid=19788942)
これはビニコ生地を綺麗にバッグにするにはどうしたらいいのかなーと
ネットサーフィンしていた時に見つけて、とても評判がいいので買ってみたものです。
結果、大正解でした。大好き!!
永久保存します。

気になるビフォーアフターのアフターは…じゃーん!!!
after1_resized.jpg
after2_resized.jpg
after3_resized.jpg

どうですかこれ。
どう見ても既製品でしょ!?すごいでしょ!?
自分で作って本当に感動しました!!

キャスキッドソンのタグは、そのロンドンで会った友人が当時誕生日プレゼントにくれた
キャスのソーイングブックの付録でついていた物なんです。
歳月を経て、ついに有効利用されるときが来たのです!

chikuchikuhappyさんが試行錯誤の末開発された有料レシピなので
作成途中の写真は載せられませんが、間違いなく
あの2つの手縫いのバッグから取った生地で作り直したものです。
A4バッグの生地がこのバッグの胴体になり、小さいほうのバッグの生地は取っ手と底布になりました。
2枚目の写真では、バッグの側面に、本来はあるべきでない折り目がついているのが見えます。
A4バッグの口布部分で折ったところの名残です。
まあ、目立たない側面だし、これくらい全然OK!!

裏地に使ったのは、これまた数年前に東京のユザワヤで買った
特価だった撥水加工の薄い布です。
今回の材料は何から何まで寝かせまくりですね。
レシピでは、裏地をつけるときは若干違う工程となり、取っ手も外付けではなく
表布と裏布にはさむ形で縫う、となっていたのですが、どうしても外付けにしたくて
ちょっとだけアレンジしました。うまくいってよかったです。

さすが、プロの作り方は一味も二味も違って、「なるほどー!すげー!」と
しきりに感心しながら楽しく作り直すことができました。
chikuchikuhappyさんに大感謝です!!

ちなみにレシピには、「このサイズのバッグはお弁当とボトルがちょうど入る大きさ」とあったのですが
大食いの私にはお弁当バッグにしては小さすぎるので、
「ちょっとそこまでお出かけバッグ」にするのです。

そんなわけで、実に6年半弱を経て、リベンジが完了しました!!!(T∀T)
なんという感動物語。
お金がなくて手縫いでなんとか作ってみていた時のことも思い出して、
頑張ったなあ、としみじみ思ったことと、きちんと下準備をしてレシピ通りに作れるようになった
自分の成長も嬉しくて、記事にしました。

ちなみに去年、こちらも同じくランカスター留学時からこっそり見ていた、
あるブログのライターさんが主宰(?)されている、『貧乏ミシン部』の部員になりました。
(ブログはこちら!→http://ameblo.jp/deteko/

節約しつつ、お金をかけずに、しかし既製品かと見まごうような
日々に役立つものを作っていく!
というdeteko部長の信念にならって、
このバッグを、蘭華の記念すべき「貧乏ミシン部部活動の第一弾」といたします。

PageTop

イギリスのスキンケア事情

ランカスターで学生をしていた時も、移住した今も、地味に悩まされているの

が、日本とイギリスのスキンケアの違いです。
一言でいえば、イギリスには

保湿化粧水がほぼ存在しない

のです!

思えばイギリスに住むのももう合計4年半近くなりますが、探しても探しても見つからず…。
留学していたときは、日本にも定期的に帰っていましたし、
日本の家族から送ってもらったりして
ずっと日本で使っていたものを継続してこちらでも使っていましたが、
さすがにこちらに移住して、これからも長く住むであろうと思われるのに
現地調達できないのは不便だしお金かかるしなぁ、ということで
なんとかしようと思い立ちました。

とりあえず手始めに、郷に入っては郷に従ってみるか、ということで
義理家族の女性たちに詳しく聞いてみたところ、

夜:ふきとり化粧水でメイクオフ。洗顔はせずに、夜用クリームを塗って就寝。

朝:シャワーのときに洗顔料を使って洗顔。昼用クリームを塗って軽く化粧して出勤。


うそーん夜洗顔しないの!?気持ち悪くない!?( ゚д゚)

という回答が。
ちなみに、日本女性の一般的なスキンケアはおそらく:

1.メイクを落とすためのクレンジングをする
2.洗顔料で洗顔する
3.化粧水でまず保湿する
4.乳液、美容液、クリームまたはオイルなどでさらに保湿

というのが一般的だと思います(最近は、1と2を合わせた「ダブル洗顔」を
避ける風潮もあるようですが)。

いや、イギリスは乾燥するし、夏の気温も日本ほど上がらないし、夜に洗顔しないというのも
アリなのかもしれん…と思い、1か月ほどやってみました。

結果、鼻の頭に古い角質が落ち切ってないざらざらした感じがするのと、
ちょっとニキビができたりしたので、たぶん合わないのであろうと結論。
あと、ふきとり化粧水→すぐにクリーム、だとなんとなくスカスカした感じが
して、やっぱり保湿化粧水がほしいな、と思いました。

そこで第二段階、本当に保湿化粧水はないのかどうかを調べてみることにしました。
ただし、高価なブランドものは除外です。
身近にあって手軽にずっと買い続けられなければ
スキンケアの意味がないし、冬は特に乾燥するイギリスにあっては
化粧水をたっぷり染みこませたコットンパックだってしたいですから、
安価なのは絶対条件。
それから、私は匂いにうるさい人間なので、匂いがないか、または嫌な匂いで
ないことも絶対にゆずれません。

というわけで、主に試したのは、

・無駄なものを一切省いた無香料商品を作るSimple(安い)
・Body Shopのなかでも匂いのないアロエシリーズ(まあまあ安い)

の、tonerやmoisturiserと呼ばれる商品です(写真は一部のみ)。

skincare.jpg


結果は…

<Simple>
・Soothing Toner…弱いふきとり化粧水で保湿しない。不満。
・Hydrating Light Moisturiser…水ではなく、乳液っぽいので不満。
・Replenishing Rich Moisturiser…水ではなく、乳液なので不満。

<Body Shop>
・Aloe Calming Toner…匂いなし、保湿力は弱めだけど一番マシ。たぶんこれも本来はふき取り用。
・Pomegranate Invigorating Toner…匂い強め。店頭で嗅いだときは
大丈夫そうだと思ったものの、肌につけてみたらイヤな匂いになってギブアップ。
アルコール使用なので、保湿力はまあまあありそうな雰囲気だったがスーっとして不信感。不満。

ということで却下
写真にある、同じシリーズのクリームを使ってみたりしましたが、やはりちょっと不満でした。

じゃあもう最終手段だろ!
手に入らないなら作るまで!!


材料:
・精製水か、浄水機を通した水道水 100ml
・グリセリン 5ml

です。

精製水が見つけられなかったので、とりあえず今回は浄水器を通して
煮沸した(なんとなく)水道水を使ってみました。
グリセリンは、Bootsで「のど風邪」用の棚にあって、
200mlで£1.29(200円弱)。安っ!!
あとは、料理用の計量スプーンで5mlのがあったのでそれで計量。

glycerin.jpg


エタノール消毒した旅行用詰め替えボトルに入れて、振って混ぜるだけ。
終わり!!
(※消毒用エタノール(Surgical Spirit)も、Bootsで£4.59で買えました)

この105mlの化粧水、冷蔵庫保存で一週間で使い切るべし、とのことです。
香りづけのために、様々なエッセンシャルオイルをたらしてみたり
さらなる効果を狙ってヒアルロン酸などを入れたりすることもできるようですが、
とりあえずはこの「基本の基本」の手作り化粧水で満足できるか
試してみたいと思います。

もしこれで満足できたとしたら、ものすごい安価ですよ?
1回5ml使用するグリセリン、週に1度化粧水を作るとしたら
200ml瓶の中身が無くなるのには40週かかります。約10か月。
それが200円弱でまかなえるとしたら、すごいことです。
満足できたいところです…意志でどうこうできる部分ではありませんが…。

しばらく使ってみて、またレポートしたいと思います。乞うご期待!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。